FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

トムス・キャビンのラスト・コンサート・ツアー!リルコミだあ

くもったり晴れたりと忙しい空模様だった小平でしたが明日は雨かな?
こんばんは。

きょうはこれからダン・ヒックス&ホットリックスを見に渋谷クワトロへ行くのだ。
はじめはツアー最後の横浜サムズアップにしようかなと考えたが、来月は仕事
になりそうな予感がするのできょうにした。麻田さんがマイミクに書いたところに
よれば「トムス・キャビンも今回のダン・ヒックスで最後だ」とあったので、ちょっと
感傷的になりながらも是非、最後のコンサートには行こうと決めたのだった。

麻田さんが「トムス・キャビン・プロダクション」を起こして最初にやったコンサート
が「デビッド・グリスマン・クインテット」プラス「リチャード・グリーン」と「ビル・キー
ス」だった。まだレコード・デビューしてないD.G.Q.によるドーグミュージックが
半分、トニー・ライスのギター&リードボーカル、デビッド・グリスマンがマンドリン
&テナーボーカル、フィドルにリチャード・グリーン、そしてバンジョーにビル・キー
スという超豪華なブルーグラスが半分のコンサートだった。つまり、トムスのキャ
リアスタートはブルーグラスだった。

あれから30数年経った。不況と新型インフルエンザであえぐ世間からトムス・キ
ャビンが消えてなくなるというのは非常に寂しい。代表の麻田さんは今後につい
て、「私と仕事を理解してもらえるスポンサーを探している」と語ってはいるが、リ
ーマン・ブラザース以来の世界的な大不況で縮みあがっている人心に人助けの
余裕はあるだろうか。先日、西武電車で一緒に帰宅(麻田さんは稲荷山公園)
したとき、前述した最初のコンサートが「ライブ盤」となって発売する計画があると
言って、「それに合わせて同じメンバーで再度コンサートをやってみたい」と情熱
を語っていた。「トニーは声が出ないけど」と私がいうと、「ピーター・ローワン」の
名前が出ていた。

まあ、ともかく今夜のラストを見届けて来ます。

きのう掲載したレオナの映像が一部で見えにくかったらしく、ここに新しいアドレス
を掲載いたします。これで超美人フィドラー、レオナのお顔もバッチリ!だよ。
こちら










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ