FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

ハイド・パーク・ミュージック・フェスティバル・2005

朝から雨が降り続いた今日の小平ですが、おかげで仕事も中途半端
になって今日の分がそっくり明日に流れちゃいました。こんばんは。

土日(3、4)と狭山丘陵の中にある西武線稲荷山公園駅で開かれ
た「ハイド・パーク・ミュージック・フェスティバル・2005」に行
ってきました。このフェスは今年が記念すべき第1回目となります
が、実行委員長の麻田浩さん(トムスキャビン)が語るところでは
「昔、ここに住んでいた細野晴臣、小坂忠たちに出演してもらって
ハイドパークでコンサートをやりたかった。そして時代に流されな
い音楽をここでは提供して行きたい。年齢に関係なくみんなが共有
できるいい音楽があると信じているので、それを次の世代に伝えた
い」といって、少なくとも5年は続けて行くそうです。

という訳ですが、それにしてもフェスの連チャンは初体験で箱根の
疲れがまだ生々しく残るのに、「これは外せない」気持ちが強くて
駆けつけました。昔ハイドパーク→今稲荷山公園という場所は、か
つてのジョンソン(空軍)基地の跡地がハイドパークとして残り、
1973年に日本に返還されて稲荷山公園になったとパンフレットで知
りました。ここの周りにはぐるっと自衛隊の入間基地があって、目
の前にデ~ンと大きな輸送機なんかを見ることが出来ます。
電車は西武線の稲荷山公園駅で、ここに降りたら目の前、歩いて1
分の距離にフェス会場があるという便利さ。私などは小平の住民だ
から、片道¥260円所要時間30分という近さなのです。遠くからの
参加者は最寄りのホテルや友人知人宅にステイすることを考えると
なんだか申し訳ないなあ。

初日の3日は午前11時開場だった。
カミさんとゲートをくぐって会場へ入ると、およそ百メートルくら
いなだらかに下ったところに黒い真新しい半円形のステージがドン
と設置され、左右にはPAのスピーカーがうず高く積まれていた。
いい景色だなあ、麻田さんはがんばったんだなあと思った。
予想通り激しく強烈に太陽光線が熱く肌を刺してくる。木陰に逃げ
ようとそそくさと定位置の物色をはじめたら、ここは大きな木がそ
こらじゅうに茂っていていとも簡単に日陰、そして見晴しの良い場
所にアサヒビール景品のシートをニ枚敷いて落ち着いた。

最初のゲストは岡部さんだった。法政大学ロンサム・ウッド・カッ
ターズのOBで、現在はブルーグラス鉄かぶとに客演したりしなが
ら、相変わらずの音キチ路線を突っ走っているナイスガイだ。
「明日も来るの?」と聞くや、すっと腕を出して黄色と橙色の2本
のリストバンドを見せてくれた。今日が黄色で明日は橙色、両日で
¥10,000 の領収書である。もちろんゲートはこれでフリーパスだ。
「麻田浩、テキーラ、森山良子、ブレッド&バター、小坂忠、ラス
トショウ、鈴木慶一、佐野元春、エリック・アンダーソンなどと来
れば、これは絶対に見逃せないでしょう」といいながら自分の定位
置、イスで見られる場所へ帰って行った。

「どうも」とにこにこしてシメが現れた。ミッシェル・ポルナレフ
のような分厚いフレームのサングラスがよく似合っている。坊主頭
に違和感を覚えてしまうが、それでも髪の毛は1cmくらいに伸び
ているから恐いスキンヘッドではない。今日は午後1時30分ころ
に出演が待ってるのに、まるで一般客のようにごく普通なのが普通
でない。「昨日もリハやって、今朝も6時半に家を出た。さっきリ
ハを終わったばかりだよ」と少し眠そうにいいながら、前のセンチ
メンタル・シティ・ロマンスのメンバーがいるシートにずり寄って
行く。むんむんと暑さが足元の草(芝)から立ちのぼっている。

会場をぐるっとまわった。どんなお店が何を売っているのかと興味
深々で木立に囲まれた各ブースをまわった。
結局料理飲食店が圧倒的に多く出店されて秘かに期待したデッドへ
ッズ・ショップはなかった。発見だったのはトムスキャビンのブー
スがあって、何かを買うと丸い団扇がサービスで付くのだが、そこ
には「30周年」と書いてあった。へー今年で30年かあと実に感
無量の気分になった。そうだったのかと歩きながらナイジェリア人
が売っているサッポロビールを買って、30年を一人で祝った。











コメント

岡部さんって市ヶ谷の岡部さんですか?

元の家が市ヶ谷か不明ですが現在は豊島園に住んでおります。法政大学OBです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ