AX

2017-10

Latest Entries

「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

台風が八丈島付近にいるのに小平は快晴の秋空だったから不思議だねお天気は。
こんばんは。

今月はじめから表参道沿いの「ハナエ・モリビル」に仕事をしに行って、2日には正面
入口のショウーウインドーのガラスを磨いたと思ったら、5日の朝日新聞夕刊になんと
その正面のショーウインドーがバッチリ写った記事が掲載されてビックリ。「見てみて、
ここのガラスを磨いたんだぞ」と夕食前の我が家はひとしきり盛り上がった。横側にも
大きなガラスがあってそこで作業をしていると、真後ろの路地に黒のベンツが信号待
ちして停止していた。すると窓ガラスがスーッと開いて運転手が何か叫んでいた。どう
やら番地を聞いているらしかったが、車の中からだと外の私にはよく聞こえない。それ
で、「ま、いいか」と無視をしていると突然、ヤーさん的大迫力おじさんがドアから身を
出してルーフ越しに、「原宿はどっちだって聞いてんだろうがバカヤロウ」と大声でどな
った。曇っているのにサングラスかけやがってとむかっ腹が立ったが、「そこを左折で
あとは真っ直ぐだ」と教えてやると、「オー、サンキューな」だって。



「ハナエ・モリビル」というのは元々は大林組の持ち物で「青山大林ビルディング」が
正式名称だそうだ。ファッション・デザイナーの森さんを大林組の故大林芳郎社長が
支援しようとして故丹下健三設計で1977年に完成したという。いわゆる大相撲に見ら
れる「谷町」の関係なのだろうが、昔の人は豪快なことをするものだ。この青山大林ビ
ルディングに建て替えの話しが持ち上がった。昨今の厳しい経済状況は先代社長の
「太っ腹」をも飲み込んでしまったようで、ついにハナエ・モリも表参道を離れることと
なったが、天下のファッションリーダーも「立つ鳥跡を濁さず」だけは守り、若手アーテ
ィストたちの作品展示会イベントを最後に華やかなファッションタウンをあとにする。新
しい活動拠点は六本木だそうだ。7月から始まった青山通いもこのショーウインドーの
磨きですべてが終了。すぐそばに友人が住んでいるのについに一回も会えずじまい。
小平から表参道まで片道1.5時間が平均的ドライブだった。




「It's a Crying Time」のこれは「CD」なのだ。私は個人的にこのアルバムが大好きで
その昔入手したときにはそれこそ「すり切れる」まで聞いていた。1972年頃だから
ブルーグラスのレコードもあまり持っていないときだったから、衝撃だった。聴いたあと
呆然として、そのあとに「これが本当に日本人か?」と口に出してもう一回聴いて確か
めた。そしてやたらと実物を見たい衝動を抑えられなくなったときは「ブルーグラス45」
同様、アメリカへ「フェスツアー」に出発したあとだった。略して「クライングタイム」、今
年の「宝塚フェス」にゲスト出演した。アメリカ・フェスツアー以来、ほとんど活動してい
なかったがついに復活したのだった。我が家にはレコードプレーヤーがないから、この
CDでリイシューしてくれたことに大感謝である。1972年という時代を超えていまも新
鮮な輝きを放っているクライングタイム。是非、広く聴いてほしいアルバムである。

1.Love Please Come Home 2.Old Kentucky Bound 3.Clear Water 4.Out On The
Ocean 5.Mother Call My Name In Prayer 6.End Of Memory Lane 7.Deep River
Blues 8.Kentucky Waltz 9.Gold Rush 10.I'm Sittin' On Top Of The World 11.Harber
Of Love 12.Blue Kentucky Mountain

Banjo-Eiichi Shimizu Guitar-Satoshi Yamaguchi Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
Bass-Akira Katsumi Fiddle-Morishige & Takada

売価 ¥1,980.

お問い合せ
ビーオーエムサービス 0797-87-0561
メール
若い山口さとし(satompus)さんのピチピチして元気なボーカルが弾けています。大西
さんは昔から歌が上手でした。驚くのは清水さんのバンジョーテクニックだ。自由自在
に(無茶苦茶という意味じゃない)すごいのだ!まあ、来年あたりには箱根に登場かも。







コメント

「It's a Crying Time」、もう何十年前になるのでしょうか、当時私は秋田大学でブルーグラスをやっていましたが地方の者にとっては神様みたいな存在でした。
築地のエニーオールドタイムで山口サトシさんと(この時、確か奥方もとなりにいたと記憶しておりますが)初めてあって、この方が山口さんなんだとビビったものです。
しかし、私もブルーグラスを続けてきたおかげでSATOMPUSどん、などと気楽に話せるお友達になることができました。
継続は力なり!
音楽人生最高!
ELVIS

このアルバムは曲順もとてもよくて
そういう意味ではよく考えられていましたね。
私的にはコーラス全体がよかったことと
清水さんのバンジョーが火を噴いていた
ことが驚きの中心でした。
是非、買って聞いてやってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ