FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

続グリスマン家にお邪魔したときの話しのリルコミだあ

小平は相変わらず曇った一日でした。こんばんは。

グリスマン家に訪問したことを書いておりました。
で、鳥の足のちょうど空揚の部分をこんがり焼いてた人が
何と、ブルーグラス界でその名も高きジム・ブキャナンだった。
「ハロー」と手を振って握手して来ました。
私は近所のおっさんそのものといえる格好してるジムを見て、
ジム&ジェッシーの頃のあまりにも格好のいい頃とのギャップで
言葉が出なかった。
「自分の部屋だ」といって録音装置や壁中レコードだらけの
部屋を見せてくれた。黒いケースに入った楽器も
そこらじゅうにゴロゴロしている。
ブルーグラスよりもジャズのレコードが多いよといって
「これが父だ」とサービスサイズ大の写真を見せてくれた。
お父さんはニューヨークで、
ジャズバンドのトロンボーン吹きだったと解説してくれた。
「ミュージシャンになったのはお父さんの血を引いたの」
と聞くと「イエス」とにっこり笑った。
ギリアンちゃんが「パパ、宿題を教えて」といってきた。
大グリスマンも子の親だった。

キッチンは広~いリビングルームの中央に丸く作られていた。
円形の外側にはカウンターと丸椅子が並べられ、
ギリアンとモンローはそこにちょこんと座って食事してる。
キッチンの内側に向い合ってグリスマンと新しいガールフレンド
が座って、子供達としきりに会話してるのが見える。
どうやら団らんの様子。
ジム・ブキャナンが焼いたバーベキューも食べてる。
白と黒のぶちの犬がのそのそ歩き回ってるのが見える。
さっき自分の部屋にいたとき、
「ジャズはモダンジャズまでが好きなんだ」
だからコレクションは全てそこまでのものだよといってた。
ブルーグラスだったらモンロー、フラット&スクラッグス、
スタンレー、ジム&ジェッシーなどは全部持ってる。
モンローだったら、録音データからパーソナルまですべて
暗記してるよ。マニアだからサ。
でも一番好きなバンドはジム&ジェッシーなんだ。
「アンディ・スタットマンも同じだった」と私がいうと
アンディはジェッシーのマンドリン・プレイが好きなんだ。
私は彼らの音楽が好きだとグリスマン。

いよいよパーティータイムになった。
電話がかかってきて「ロブ・ワッサーマン」だという。
「もうすぐ来るよ」といいながら、
さっき沸かしてあげた徳利の日本酒を持って来て
「じゃあ一杯」といっておちょこを持った私に、
大将御自らついでくれた。
グリスマンとは日本でお酒を飲み交わした間柄だったが、
サンフランシスコのミルバレーのグリスマン家という
シチュエーションになると、味もへったくれもないのだ。
ジムが「美味しく焼けたよ」といって
バーベキューとスパイスを持ってやって来た。
新しいガールフレンドの肩を抱いたグリスマンは
ほんのり顔が赤くなって、日本酒が効いているらしい。
「彼女は政府関係の仕事をしてる。例えばイギリスから
王室の誰かが来るとエスコートするんだ」と。
やがてプライベートタイムは深まり、
グリスマンが両手に抱えてマンドリンを四本持って来た。
ロブ・ワッサーマンも現れた。

「これはEMDを弾いたマンドリンだ」といって
一本づつ丁寧に説明してくれた。
それは何も私のためにというものではなく、
パーティーにいるすべての人に話しているようだった。
ジムなどはしきりにうなずき、手に持ってあちこち眺めてる。
グリスマンが弾き始めた。
すぐにジムがあとにつながって弾きはじめる。
とっても美しいフィドルチューンで、妙なるメロディが
リビングルームいっぱいに広がった。
ジムが弾くのはスリーポイントのマンドリンで
グリスマンのロイドロアーに絶妙に絡みついて鮮やかな
ハーモニーをつけている。すごい!
「ジン、弾かないか?」と大将。私は絶句。
実はおすすめされたらどうしようと恐れていたのだ。
しばしの空間が生まれたが
「ジンはギターだって聞いたよ」
とロブが助けてくれた。
「いやー、助かった」と思った。
ここに入って楽器を弾く日本人は多分いないよと
自分をなぐさめて興奮を押さえた。

結局、グリスマン大将は興に乗って合計八本もの
物凄いマンドリンを弾いた。
これは何々といちいち説明がつけられるが、
私にはあまりのツーマッチとお酒・ハーブなどの酔いで
詳しくは記憶に残せなかった。
つまり幸せ過ぎたのです。
「さあ、みんなでジャグジーに入ろう」
と大将からお声がかかった。
私はかぶりついていた鳥をのどにつっかえた。

それからしばらく時間が流れました。
ギリアンちゃんは現在ニューヨークに住んで、
映画のプロデューサーとして活躍中。
お兄ちゃんのモンロー君は双児のパパになったと
大将は大喜びで語ってくれた。
グリスマン家には小学生の男子が誕生している。
「ブルーグラスベースを弾くよ」と
親バカぶりを隠さない。
















コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ