FC2ブログ

2020-02

Latest Entries

きょうは少し猫のことを書いたよのリルコミだよ

タイガースが勝ちました。アンドレおめでとう。
昨日の夜はニヤニヤ勝利の美酒に酔ったことでしょうか。
夜中のテレビで尼崎駅が映って、商店街に大勢人が出てました。
あと今回の優勝はタイガース生え抜きの
岡田監督が勝利したから、意味がありますねえ。
スター星野が少し鼻についてきてたのでスカッとしました。
反対にジャイアンツは弱くてお話になりません。
タイガースの強さに歯がたたないなんて笑っちゃうね。
多分、欲の深い星野のことだから、
いずれジャイアンツへ行くと思うので、
そのときの対決が楽しみだ。見に行きたい。
という訳で夕方から曇った小平からこんばんは。

もう5~6年前だと記憶していますが、
お茶の伊藤園の緑色の缶に載ってる俳句の中に
「天高く猫と生まれて働かず」
という静岡の高校生の句がありました。
これは確かこの年のグランプリだったのですが、
なぜか秋になってそれこそ昨日の天気のように
天高く晴れたときに決まって思い出します。
猫という動物には人それぞれの見方があると思いますが、
これほど見事に猫と猫のいる景色を描写した表現に
出会ったことはありませんでした。
確かに猫は寝てばかりで働かないなあ。

私は以前、板橋区新河岸という荒川土手そばで
酒店の店長をしてたことがありますが、
そこは団地の一階に肉屋など七店鋪くらいが並んで
小さな商店街になってるところでした。
まわりは都営の大団地で、各商店はここのお客さんに
買ってもらうため、ない知恵をしぼっていました。
ある日、端っこのスーパーの若旦那が仕掛けた鼠取り器に、
見たこともないくらい大きな鼠がかかって、
その始末をどうしたらいいか困ってしばらく店の裏に
置いてありました。
それでも誰かに見つかって、檻に入った鼠を覗き込んでる
野次馬も現れて「やだ~」なんていって顔をしかめているのです。
私ももう一度だけ見ようと歩き始めたら、
私の前を太った大きい猫が一匹、のしのしと歩いていました。
やがて鼠の右横を猫が通過しようとしたとき、突然、
「がたがた」と鼠が檻の中で暴れたのです。
するとどうでしょう。「ふんぎゃあ!」と
声にならない叫び声を発して、猫はその場に硬直したまま
動けなくなったのでした。
ピクリともしないで鼠を見つめたまま動きません。
約2メーターくらい離れてこの光景を目撃した私も、
突然のハプニングに身体が硬直して、息が詰まりました。
1分ほど経ってもう一度「がたがた」と鼠が動くと、
猫は脱兎のごとく来た道を取って返したのだった。
逃げるタイミングをつかまえたのだ。必死だったのだろう。

「天高く猫と生まれて働かず」名句ですね。

















コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ