FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

ディキシー・チックス「HOME」を巡る世界!リルコミだあ

秋も深くなって来ているはずなのに小平はなぜか暖かい日々が続くこの頃です。
それでもブリかぶらとか芋煮、お鍋がグッと美味しくなってきております。
こんばんは。

101013_dc.jpg

久しぶりに「DIXIE TICKS / HOME」を棚から引っ張り出して聴きました。彼女たちは
このアルバムの前にデビュー、セカンドと二枚のアルバムがすでに世に出ていて、
デビュー盤は700万枚、セカンドなどは1000万枚ものセールスを記録して世界
のヒーローに登り詰めている最中だった。いわゆるアルバムを出せば当たるという
幸福の追い風が後押ししているバンドだったので、とりわけ所属レコードカンパニー
にとっては美味しくて美味しくてたまらない存在がディキー・チックスだった。

え? その会社は「ソニー」でした。しかし、彼女たちは三枚目のアルバム「HOME」
をブルーグラススタイルにしたのだった。私をはじめ狭いブルーグラスファンも驚く
本格的なものだったが、ブルーグラスファンは喜んでもいま世界を股に掛けて超乗り
乗りのバンドがこともあろうかブルーグラスとは...。ソニーミュージックの担当者は
自分の首が心配でたまらなかっただろうね。

ポピュラーミュージック界の常識ではブルーグラスは敬遠される。特に本家アメリカ
でそうなのだ。これ以上は深く詮索しませんが、とにかくディキシー・チックスはこの
アルバム中から「大ヒット」を狙っていた。曲は「Travelin' Soldier」、シングルカットされ
ヒットの兆しが聞こえてきそうな素敵な曲だったが、内容は紛れもない戦争反対を訴
えるものだった。もう一曲、「More Love」はアイルランド系ブルーグラス・ミュージシャ
ン、ティム・オブライエンの曲だが、これも「武器を置こうよ」という反戦歌なのだ。

このとき世界の注目は9.11を契機にアフガン戦争に攻め入ったブッシュ大統領が
注目されていた。大統領支持率90%をバックにテロ撲滅を叫んでいたブッシュが
イラクに戦争を拡大しようとしていた正にそんなアメリカ社会背景の中に[HOME」を
発売した。「行け、ゴー、ブッシュ!」アメリカ中が戦争に熱狂しているときに反戦アル
バムを出すとはと考えると、彼女たちの「勇気」と「真っ直ぐなアメリカン気質」に感動、
大拍手をしたのでした。戦争に流され巻き込まれて行く社会は変だ、おかしい。

「Travelin' Soldier」は、そんな社会情勢を反映して少しずつセールスを伸ばし始めて
いた。ブルーグラスアルバム「HOME」から大ヒットの兆しが。世界初の快挙か!
と「HOME」を携えて好調に滑り出したディキシー・チックスのワールドツアーもイギ
リスに渡った。コンサート中、MC役のリードボーカリスト「ナタリー・メインズ」が静か
に話しはじめた。「(ブッシュ)大統領と同じテキサス出身であることが恥ずかしい」この
一言はまたたく間に世界中を駆けめぐり、全米中の猛反発に遭ってしまう。

以後もツアーは続いたが彼女たちへのバッシングは炎上するばかりで、ラジオ局から
は締め出され、CDはまとめて足で踏みつぶされた。やがて殺人予告が届くまでに事
態がエスカレートした。しかし、当人のナタリーも、そしてマーサもエイミーも信念を曲
げず「HOME」ツアーは続けられた。やがて、イラク戦争の風向きも次第に泥沼化して
行き、「大統領の不信」を叫ぶマスコミも登場するなど、時代は戦争のない国アメリカ
へと次第に変化を始めた。この凄い時代背景のど真ん中に存在したのが「HOME」で
しかも彼女たち唯一のブルーグラスアルバムだったのだ。

「Travelin' Soldier」は大ヒットになりかけたが、あの発言でプロモーションをストップさ
れて沈み、大ヒットにはならなかった。惜しかったし残念だ。いま聴いても体に染み込
むいい曲です。「戦争の国アメリカ」自国の戦争屋たちに敢然と立ち向かったディキシ
ー・チックスは誰よりも偉い。ナタリーのリードボーカルは世界一だ。そして彼女たちの
出身がブルーグラスとはいえ、そのブルーグラスで世の中の常識を打ち破ろうとした
ディキシー・チックスは誰よりも勇敢で素晴らしい。きょうはこんなことになってしまい
ました。というわけでディキシー・チックスをみなさんも聴いてみてください。


コメント

DIXIE TICKS!わたしも応援しています。原点は阿蘇だったりもしますからね。Travelin' Soldier!本当にいい曲ですよね!書いたのはBruce Robisonですね。オリジナルも素晴らしい。

チックス

クロハルさんがこの曲やりたいと持ってきたのがTravelin’ Soldierでした。
私には難しかったけど、歌詞にしびれ、涙が溢れました。
わたしも頑張って反戦の精神で歌い続けるのです♪

ともながどの
この「HOME」は世界中のファンに歓迎されたけどアフガン&イラク戦争下で
非常に苦しい販売となりましたが、私はこれが一番だと思っています。よく当時の
国家を相手にして一歩も引かなかったと感心するばかりです。

satompusどの
クロハルさんは曲を発見するのに速いですね。このトラベリン・ソルジャーは
ナタリーのボーカルでこそ際立つソングだと考えますが、サトンパスさんのも
歌い込んでいるせいで近ごろはなかなかのものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ