FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

冬の夜長は「ジミー・ロジャースでなごもう」!リルコミだあ

午前10時には本格的に雪が降った小平だったがあっという間に晴れ間が覗き
やがて雲が飛び去り快晴になった。こんばんは。

アメリカ運輸省は、指摘していた「急加速問題」について日本のトヨタ自動車に
対して「トヨタ自動車製の車の電子制御システムに急加速を引き起こす欠陥は
なかった」と発表した。あれだけ日米の社会を振り回しておきながら今ごろにな
って「欠陥じゃない」とはひどいね。まあ、反省して発表したことには少しだけ誠
意を感じるけど、あの大騒ぎは何だったのと言いたいなあ。朝日新聞も本日の
夕刊トップに「トヨタ電子制御 欠陥なし」のタイトルで報道した。しかしである。
朝日新聞はアメリカ運輸省発表をうのみにして連日この問題を繰り返し報道し
た。これでもかといまの小沢一郎さんを個人攻撃しているようにトヨタ自動車を
徹底的に標的にしていた。私はこのブログで朝日新聞のこのような姿勢を批判
した。すると正体不明の私に対する罵詈雑言が羅列された迷惑メールが何通
も届いた。「ヘー」と溜め息が漏れたが、中には私のこのブログを遡って読んで
その中から我が家のサッカー小僧を抽出して脅迫する中傷メールも含まれて
いたから心底頭に来た。差出人は書いてあったがダミーだった。法律すれすれ
でブロガーを攻撃するパターンの典型だった。怖い世の中だと実感したがその
後同じものは届いてない。証拠を残さない脅迫メールが存在するのだ。

110209_jr.jpg

寒い冬の夜長「ジミー・ロジャース」のトリビュートアルバムを聴いてゆったりと
過ごしましょう。1897年9月8日に生まれて1933年5月26日、若干36才でこ
の世を去った「カントリーミュージックの父」ジミー・ロジャースは、衆知の通り鉄
道マンからカントリーシンガーに転向した。「歌う鉄道マン」と讃えられてもいる。
さて、発売は1997年。フィーチュアされているシンガーはロックミュージシャン
が多い。中でもディッキー・ベッツが歌う「Wating For A Train」はアルバムを持
ってクレジットを見たとき、「是非聴きたい」という心の衝動が起きてしまった。
1.Bono / Dreaming With Tears In My Eyes 2.Arison Krauss and Union Station
/ Any Old Time 3.Dickey Betts / Waiting For A Train 4.Mary Chapin Carpen
ter / Somewhere Down Below The Mason Dixon Line 5.David Ball / Miss
The Mississippi and you 6.Bob Dylan / My Blue Eyed Jane 7.Willie Nelson /
Peach pickin' Time Down In Georgia 8.Steve Earle & The V-Roys / In The
Jailhouse Now 9.Jerry Garcia,David Grisman & John Kahn / Blue Yodel
#9 10.Iris DeMent / Hobo Bill's Last Ride 11.John Mellencamp / Gambling
Bar Room Blues 12.Van Morrison / Mule Skinner Blues 13.Aaron Neville /
Why Should I Be Lonely 14.Dwight Yoakam / T-For Texas


コメント

このCDいいでしょ。数年前に何の気なしにこのCDを買ったんだけど違う世界からの解釈と云うのが面白く、よく聴くCDです。
1曲目のBono と6曲目のBob Dylan ,8曲目のSteve Earleあたりがいいな。それと4曲目のMary Chapin Carpenterの唄のうまさにはしびれます。でもこの人、最近話題に上らないよね。
それと何故かAlison Krauss は避けるね。

john dackyどの

私もメアリーの歌のうまさに感動しました。
軽く心を込めて歌っているのがよかった。
私は最後から一曲前の「Why Should I Be Lonely」がいい。
このアーロン・ネビルって人はカントリー・シンガーです。
他にもいい曲をたくさん歌ってます。
ジミー・ロジャースのコード展開が変わってておもしろい。
この時代のアリソン・クラウスはまだ青っぽい声がしてます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ