FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

久しぶりのプロデューサーからのメールだのリルコミだ

あさから小雨が降ったりやんだり一日中続きました。
お散歩はその小雨を縫うように晴れ間をねらって歩いてきました。
きょうの中央公園には久しぶりに尺八おじさんが登場してて、
首降りとか音が安定したなあとそばを通ったときに思いました。
どこかで練習したあとが明確だった。やるもんだね。
こんばんは。

きょうは思いがけない人からメールをいただいちゃいました。
かつてロックバンドのマネジャーをやってた頃(24年前ごろ)、
ある日メンバーだったダディが「友だちだよ」といって連れて来た
かっこよいプロデューサー「ショージさん」が、
全く突然にメールをくれたのです。お散歩から帰って
あわてて読むと「ブログを見てる。いまも音楽のプロデューサーだよ」
といって住所や携帯の番号まで書いてありました。
こういうのって究極の個人的出来事なのですが、少し前の新潟の
藤木さんから「元ジューンアップルを探した」という驚きのメールに
匹敵するものとして大事に公開いたします。
ショージさんは私たちバンドの前に突然現れると、
いきなり「録音しよう」といったのでした。
何でも、あるスタジオにワンナイトひと晩分使えるからということだった。
練習ではなく録音なのだ。録音のエンジニアも揃った中でやるのだ。
びびった。かつて「ジプシー・ブラッド」としてデビューした
経験を持つボーカルだけが余裕を見せていたが、
実際の現場では一番びびってた。

結局、ひと晩かかって三曲録音したが、はじめの曲に手間取ったためと
体力不足がたたって、残りニ曲は録音を詰めるところまでいかなかった。
ショージ・プロデューサーは不動の四番打者みたいにどっしりと
ブースから動かず、ジッとスタジオの中で汗を出している
バンドを眺めていた。
すっかり夜が明けて、オペレーションブースでくつろぐバンドに
「もう少しがんばりましょう、かな」とにこやかに話した。
バンドはそれぞれに不慣れで不十分だった疲れがどっと出て、
まるで抜殻のようにスタジオをあとにしたことを忘れられない。
「録音してみないとバンドは分からない」と録音場所に入らない私に
静かに語ってくれたが、これも忘れられないプロの言葉だ。
その後、マスターからコピーされたカセットが届いて、
曲の出来あがりを直接聞くことが出来たが、もちろん満足はしなかった。

ショージさんとはその後も少しお付合いさせていただいたが、やがて
離れてしまい、およそ20年ぶりにメールをもらったのでした。
20年の時間を飛び越えたネットコミニュケーション。素晴らしい!
私とショージさんとを会わせてくれた親友のダディは
不覚にももうこの世を去っています。
メールにはダディが乳母車を押して茅ヶ崎の海岸をお散歩しているのを
よく見かけたと書いてありました。私とダディ、そしてショージさん。
お互いにダディという素晴らしい人間を通して友だちになった。
ひょっとして死んだダディが、二人はぼちぼち会う時期に来てるよと
いうような不思議なパワーを働かせてくれたのかも。
ブログしてると不思議なことが起きますね。










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/178-5d097c90

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ