FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

ビル・モンローのコロンビアセッションだよのリルコミ

家の裏にある広大な敷地(萩山実務学校)は森のような
木々に囲まれていますが、そこにまぎれるように一本の
背の高い柿の木が見えます。普段だったらまったく柿の
木だと気が付かないが、今は枝も裂けよとばかりびっし
りとこぼれんばかりに実がなってます。きのうお散歩の
帰りに落ちている実を手に取って見ると、落ちてから熟
れたのか形が崩れてなくて柔らかく、しかもふわふわと
してて美味しそうでした。陽が明るい時間に道路から見
ても実の大きさがよく分からなかったが、手に持ったら
かなり小さかった。先日、西貝さんが送ってくださった
柿の実は店頭で売ってる普通サイズだったが、これはそ
の半分近いものだった。しかし、そこの敷地の関係者は
熟れたままに放っておくのだろうか。他人事とはいえあ
まりにも美しく見事になってるので気になるのです。
こんばんは。


THE ESSENTIAL BILL MONROE AND HIS BLUE GRASS BOYS
1945~1949 /COLUMBIA COUNTRY CLASSICS(2CD)


このCDセットがとてもグッドです。毎度古い物ばかり
で申し訳ありませんが、これも発売されたのが92年と
古いので、果たして見つかるのか心配になります。
ビル・モンローの初期、兄チャーリ-・モンローと別れ
「ケンタッキアンズ」を結成したのが38年、翌年に伝
説のデビューとなったグランド・オル・オープリーに登
場したときはブルーグラス・ボーイズと改名していたが、
このCDではオープリー出演によって増々人気を得た「
ビル・モンロー&ヒズ・ザ・ブルーグラス・ボーイズ」
の45年~49年の5年間、つまりブルーグラス誕生の
瞬間を聞くことが出来るのです。

ここでは一回目のセッションで録音された曲とその解説
がまずはじめに飛び込んで来ます。続き二回目のセッシ
ョン、そして録音はトータル六回、全40曲に及ぶ大変
に貴重な歴史的必然性の録音がなされました。
ビル・モンローにとってシカゴのコロンビアレコードは
初めてで、そこに新メンバーに入替えたブルーグラス・
ボーイズで臨んでいるところに、この録音に賭ける意気
込みをかいま見ることが出来ます。
さてファースト・セッションは1945年2月13日に
行なわれ、アコーデオンを弾くサリーアンを含めたメン
バーは6人。「ケンタッキーワルツ」など8曲録音され
た。唯一他人の曲「NOBODY LOVES ME」が三部コーラスで
歌われて、しかも途中で止まってやり直しているのが印
象的である。ここではフォービートのリズムを基調とな
ってて、テキサスのスター、ボブ・ウィリスの影響が見
える。しかしこの「ズッチャ、ズッチャ!」というリズ
ムは誠に気持ちええもんですねえ。

問題というかブルーグラス・ミュージックの誕生!がこ
の二回目のセッションで聞くことが出来ます。ファース
トセッションから1年と半年後、バンドはたった一人の
若いバンジョー弾きの参加によって、なめらかに高級な
音楽にがらりと変わった瞬間、「HEAVY TRAFFIC AHEAD」
が録音されました。そうです、この歴史的な曲がすべて
のブルーグラス・ミュージックの始まりでした。今年の
箱根フェスのコンベンションで、アシュラさんが得意の
ブルースアレンジで歌っておりました。私は審査員でこ
の曲を選んだアシュラに高得点をやりました。ちなみに
ブルーグラス誕生!に参加したメンバーはモンローの他
レスター・フラット、アール・スクラッグス、チャビー
・ワイズ、ハワード・ワッツでした。このメンバーでト
ータル4回の録音がなされ、合計28曲のオリジナル・
ブルーグラスがこの世に生まれました。
47年10月27日に録音された「I'M GOING BACK TO
OLD KENTUCKY」では、イントロを弾きすぎたかナルシス
ト的性格が思わず出てしまったのかモンローは歌の入り
に間に合わず、「ストップだね」といってやり直してい
る。神様だって人の子。間違えるときだってあるけど、
番号を見るとこのセッションで最初の曲だから、他のこ
とを考えていたのかも知れない。

ちょっと書き切れませんので、明日に続きます。私が会
った生身のビル・モンローなども含めて書こうと考えて
います。腹が減って書けないというのが本音です。












コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/183-ba119845

ビル・モンロー★新しいスタイルへの模索

ブルーグラス音楽が創設者ビル・モンローのバンド名に由来することはよく知られていると思われます。バンドそのものの成立は1939年に遡りますが、今から聴くと何かが欠けています。そうです、あの軽快なスクラッグス奏法によるバンジョーの響きが初期にはありませんでした。

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ