FC2ブログ

2019-12

Latest Entries

麻田浩さんの「ハードリーストリクトリブルーグラス」レポート!リルコミだあ

秋が急にやって来て朝晩は寒くなったが快晴は続く小平からこんばんは。

111003.jpg

昨日は小平市福祉会館グラウンドで開かれた「どけん祭り」に行った。東
京土建小平市部が主催したもので目的は特設ステージに出演した「ブル
ーベリー・キャビナーズ」というカントリーバンドを見るためだった。ミニ上棟
式や木工教室、鉄筋と型枠組みの実演など見もの多数で関係者たちで
満杯だった。キャビナーズは12時半ごろに登場。上棟式に貼られる紅白
の幕をバックにお馴染みのカントリーナンバーを連発して盛り上げた。リー
ダー&リードボーカルの菅野さんは十八番の「ユーチーティンハート」で会
場から拍手をいただき顔の硬さもほぐれ笑顔に戻っていた。平均年齢が
70才に届こうかというメンバーだが、私がやっているブルーグラストークの
仲間でもあるのだ。

先週、毎年サンフランシスコで開催されている入場無料の凄い規模のブル
ーグラスフェス「ハードリー・ストリクトリ・ブルーグラス」に参加した麻田浩
さんのレポートを掲載します。いつもながら音楽ファンにはこたえられない
視線がたまりません。尚、同行者にはサトンパスさんやダン吉さんもいるそ
うだ。一年一回、サンフランシスコへ来年はいかががですか。

僕が見た過去2回のHardly Strictly Bluegrassは金曜日の内容が寂しかった
のだが今年は大盛り上がりだった.今回は誰に聞いても金曜日は4つの
ステージがあってそれぞれかなりの有名アーチストが出るのだが、ロバート・
プラントが出るということもあって圧倒的にバンジョー・ステージが人気。
という事で混雑が予想されたので朝イチで席取り。PAの前にシートを敷いて
また一眠り.トップバッターはコマンダー・コディとロストエアマンのギタリストだ
ったビル・カーチェン。ギターは上手いし歌も良いバンドもまとまっていてうって
つけのトップバッター.途中に入る20人くらいのギタリストのマネは圧巻だった。
次はまだやってたんだと言うセルダムシーン.ベン・エルドリッジ以外はオリジ
ナル・メンバーではないがサウンドはまとまっている。そして久しぶりに登場は
デイビッド・ブロンバーグ.くせのあるのヴォーカルとギターは相変わらずだが
メンバー2人と自分も入れてのトリプル・フィドルでのフィドルチューンが圧巻だ
った。その後は今年最も見たかったデル・マッコーリーバンドとニューオルリンズ
のプリザベーション・ホール・ジャズバンドのコラボ。白人の音楽のブルーグラス
と黒人音楽の根っこ、ニューオルリンズジャズの共演は素晴らしかった.アメリ
カでは良く”ショーを盗む”(トリを食ってしまうほど素晴らしいステージをする事)
と言うが今日の”デルとジヤズバンド”はまさにそれだった。その後ジョン・プラ
インがでてトリはロバート・プラントとバンドオブジョイ。バディ・ミラー(ギター)
ダレル・スコット(バンジョー、ペダルスティール、マンドリン他)バイロン・ハウス
(ベース)マーコ・ジオヴィノ(ドラムス)パティ・グリフィン(コーラス他)と言った
ナッシュビル組がバックの今回のバンドも以前のアリスン・クラウス中心のバンド
に引けを取らないくらいに良かった.やはりミラー^のギターとスコットのが弾く
バンジョー、マンドリン、ブズーキと言った楽器がバンドの音を作っていた.もち
ろんプラントのヴォーカルは凄いしグリフィンのハーモニーも決っていた。子供の
頃聞いていたんだと言うフォークソング(と彼は言っていた)のハングマン等も
新しい解釈でまとめていたのは明らかにスコットの力だ。 そのほかずっと見た
かったクリス・アイザック、やサウス・メンフィス・ストリングバンドも見た.サース
トン・ムーアは見れなかったが今日1日でここ迄来た甲斐は十分にあった。

先日ここでお知らせした「ドクターK還暦ツアー」の東京公演も10月30日と迫り
ましたが、ここで訂正が発表されました。30日(日)東京の会場時間と開演時間
が、何と、間違ってチラシに表記していたそうです。正しくは午後4時30分開場、
午後5時開演です。間違った表記は下記にありますが、午後4時30分に集合
です。

111003SwampTour01S.jpg
Dr.K還暦記念 LET'S SWAMP TOUR
with Special Guests Gerry McGee & Marc Beno


スワンプ・ミュージックとはアメリカ南部産の独特の音楽を意味するが、かつて
70年代にも騒がれたルーツ・ミュージックを基本としたサウンドだ。代表的な
ところでは.トニー・ジョー・ホワイト、デラニー&ボニー、レオン・ラッセルを中心
とする一派、その中には今回登場するマーク・ベノ、ジェリー・マギーも表舞台
に立っていた。2人は2005年のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルを
機に30数年振りの再会をし横浜サムズアップでの共演するまでに至った。あまり
にも素晴らしいステージであった。その感動が忘れられず今回の企画へと達した、
思う存分のスワンプ・ミュージックを堪能して頂きたい。
徳武弘文(Dr.K)


出演:Dr. K Band
徳武弘文 G
加藤実 Key
六川正彦 B
高杉登 Dr
with
Special guests
Gerry Mcgee &
Marc Benno.

10月23日(日)横浜 サムズアップ [WEB]
開場18:00/開演19:00 前売¥7,000/当日¥8,000
問・予約:THUMBS UP 045-314-8705

10月27日(木)大阪 ジャニス [WEB]
開場18:00/開演19:00 前売¥7,000/当日¥8,000(自由席/整理番号付き)
TEL: JANUS 06-6214-7255
発売:JANUS、チケットぴあ(P:146-717)、ローソンチケット(L:51964)、e+

10月28日(金)名古屋 ボトムライン [WEB]
開場18:00/開演19:00 前売¥7,000/当日¥8,000(自由席)
※当日先着順入場
TEL: 052-741-1620
発売:チケットぴあ(P:147-245)、ローソンチケット(L:43983)

10月30日(日)東京 Mt.Rainier Hall [WEB]
開場16:30/開演17:00 前売¥7,000/当日¥8,000(指定席)
TEL: 03-5790-0557

発売:チケットぴあ(P:144-938)、ローソンチケット(L:75086)、e+

※東京公演の公演時間を間違って表記しておりました。申し訳ございません。
正しい時間は開場16:30/開演17:00になります。
(誤:開場18:00/開演19:00)

全公演トムス・キャビン インターネット予約受付中!

★山本太郎さんが小倉智昭さんと加藤浩次さんを問い詰めている映像。
http://www.youtube.com/all_comments?v=n1rMkYnLVbg
サンキュー!Alohaisaiさん



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ