FC2ブログ

2019-12

Latest Entries

岐阜多治見フェス「マウンテンタイム」レポート!リルコミだあ

夕方のTBSラジオで東京大学の裏側にあたる根津小学校の落ち葉から
堆肥放射線許容量400ベクレルを大幅に上回る1488ベクレルを検出。
この地域には友人知人が多く居住しているので心配だ。このように都心
にも都民の予想を超える放射能が飛来していた模様で、特に落ち葉や林
とか森などの放射能検査が必要だ。もちろん大エネルギー消費都市の東
京都に率先して検査してもらいたい。

先週末は岐阜県多治見で開催された「マウンテンタイム・フェス」に参加し
ました。15日土曜日は相変わらずの雨模様。午前7時40分、夢弦堂主人
が我が家に到着して一服後すぐに出発。府中インターより中央道に乗ると
あとは「多治見インター」まで一直線。途中、小森谷巨匠より携帯がかかり
「いまどこ?」コール。いつもの「どっちが先に着くか」ジャンケンポンのよう
なたわいもないことだったが、こういう馬鹿げたことが眠気から開放してくれ
るのだった。しかし、土曜日のせいか車の量は予想よりも多かった。

「多治見」まで8キロという表示が出て俄然体にパワーが入った。やがてイ
ンターを出て19号線を名古屋方面目指して少し行くとナビが左折の支持、
いきなり山の中へ。細い山道を10分ちょっとで目的地「地球村」到着。途中、
先の台風被害で道路が塞がっている箇所を見つけて「凄い」と絶句。フェス
会場はバカでかい山小屋の奥にステージを作り、すでに始まっていた。
早速に本日の寝場所となる大部屋に案内されて端っこに寝袋分二つを確保。
もう少し詰めると一人分のスペースが残るなあなどと会話したままフェスタイ
ムに没入。今回は二人とも出演は無しだったため、すぐに持参のお酒タイム
にこちらも没入。

ちなみに、小森谷巨匠&中西主催者たちは先着し、私たちが着いたときに
はすでにビールをごくごくした後だった。早速、椅子をセットすると周りには手
島ベースマンをはじめとする臨時の関東村の雰囲気。さてと、壊れかけてい
るマイデジカメで撮影を開始。外は雨が強く探検ショットはお預けで、もっぱら
ステージ専門にパチリ。そのステージはモダンフォークバンドも取り込んで
「中部地域大音楽祭的」に盛り上がりながら深夜へ。神戸大の「百年の孤独」
はトニー・ライスのナンバーを歌ってしっかり特長を出して二重丸。主催者NA
Oさんがマンドリンで参加した「ひさえ&フレンズ」も好調だった。

111017_007.jpg
百年の孤独(神戸大)

111017_014.jpg
ひさえ&フレンズ

111017_015.jpg
ハルモニ

もちろん、優秀バンドで名高い「オールザットグラス」は写真を撮るのを忘れる
ほど聞き入った。実力者バンドの噂どおり抜群に安定、レパートリーもよかった。
そういえばこのフェス、全体にレベルが高いなあと気がつく。東京のデュエット
バンド「ハルモニ」が、きれいなハーモニーで大きな拍手をもらい受けていた。
ユーコ&ヒロムのステージングもすっかり落ち着いてこっちも安心して聞けた。
さて、白熱の土曜日夜に最も素晴らしかったバンドは「ブルーグラス・ポリス」だ
った。今年の箱根フェス人気投票第一位の実力を裏付けた格好だが、ソメッチ
のリードボーカルは丁寧で訴求力もあって私も大好きなだが、何よりもバンドの
まとまりやバランスが抜群で、派手なタツヤのバンジョーも包み込んで最高の
出来を見せてくれた。今後は人気が出るだろうね。

111017_021.jpg
「ザ・ブルーグラスポリス」ソメッチ!

111017_029.jpg
「トイメンシャオ」熱唱!原さとし

111017_034.jpg
「ザ・ブルーグラスマウンテンボーイズ」渋い!王様

学生バンドの実力も一段と強力になっている中で、神戸大の「ハッピーマウンテ
ンボーイズ」が爽やかさを加味して素晴らしかった。特にエンディングで歌われた
「サニーサイドオブライフ」が粋なアレンジも含めて出色だった。個人的な知り合
いのキミちゃんもエレキベース&歌と大活躍だったがベストな出来にうれしくな
った。夜中に弱い私は失礼して早寝。東京の「オッケーブラザース」などをパスし
たら、翌日朝、最後の「だもん亭」が♪パナマレッドをやったよ、と夢弦堂が教え
てくれた。何でも日本在住30年のアメリカ人が歌ったというから、残念、聞きたか
ったなあ。二日目のきょうはきのうの雨とはうって変わって夏のような快晴。お昼
に出た「タヒチクラブ」を見終わって地球村を後にした。

111017_056.jpg
湘南ラビッツ

111017_059.jpg
「ザ・ハッピーマウンテンボーイズ」(神戸大)

111017_069.jpg
「大江戸多摩バンド」のジョン

茅ヶ崎在住の評論家鈴木カツ氏が人気ラジオ番組に出演します。先日の渡辺
三郎氏によるビル・モンロー特集も素晴らしかったが、今回カツさんが担当する
のはハンク・ウイリアムス。カツさんの大得意な分野だから期待しましょう。以下
はメールの公開です。

NHK/FM「ピーター・バラカン・ウィークエンドサンシャイン」、
11月12日(土曜日:午前7時20分~9時)にゲスト出演します!

何とハンク・ウィリアムズ特集ですよ。まだまだアメリカン・
ルーツ・ミュージックの中で、ハンクの素晴らしさは解析されておりません。

そこでハンクの魅力を、ピーターさんとぼくが徹底的に掘り下げます。
ご期待ください。

よろしくお願い致します。

         カツ

HP http://park8.wakwak.com/~music/kats/
E-Mail dylango@pg8.so-net.ne.jp

好評発売中!

『ボブ・ディランのルーツ・ミュージック』(白夜書房)
『ロック&ポップス名曲事典300』(ヤマハミュージック)
『こだわりアメリカン・ルーツ・ミュージック事典』(NHK出版)




コメント

★NHKFMの告知、ありがとうございます。ハンク・ウィリアムスの魅力、ピーターさんんが理解してくれて嬉しいですね。サブさんにも負けない素晴らしい番組に仕立てますよ。そうそういま海ルアーから帰ってきたところで、本日は大物、イナダの40㎝を2匹ゲットしました。青物の引きは、もう最高です。こんどご一緒しましょう。

katsuどの

ラジオ出演は楽しみにしております。
40センチのイナダですか、それも二本もあげたとか。
すごいですね!
ぼくも八郎潟で45センチのクロダイをあげたときは
重くてしびれましたが、イナダはそれ以上なんで
ものすごいしびれでしょうね。今度お伺いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ