FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

偉大なバンジョーマン、ダグ・ディラード死す!リルコミだあ

午前中から黒雲が走り回って嫌な感じだったが、お昼前、黒雲が
団体となって流れて来ると、すぐにゴロゴロ雷が騒ぎ始めた。本格
的な悪天候に突然、豹変。バリバリ!雷鳴が轟き渡る。雨風が
横なぐりに吹き荒れる。あとで聞いたら、ヒョウが降ったところが
あったという。この間、およそ20分。あれ、と思う間に西の空から
明るくなったら、あっという間にピーカンの快晴。黒雲団体は都心
の方向へ向かって行った。お昼前のハプニングのような天候とは
いえ、夕方の今といえばやはり肌寒い。こんばんは。昨日は所要
があり、それもどんどん忙しくなってブログを書けなかった。一夜が
明けてネットを見ると、鈴木カツさんがフェイスブックに「ダグ・ディ
ラード死す」のコメントを発見。こりゃ大変だと思ったが、もちろん
具体的に私が大変になるわけではない。自分がザ・ディラーズに
夢中になっていた楽しかった青春時代が、いきなり終わりを告げ
られた気分になった。私、還暦を過ぎても心は青年。今もディラー
ズのデビュー盤「BACK PORCH BLUEGRASS」を聞くと、一直線に
青春時代へとバックトゥザフューチャーするのだ。
120518_R0012866a.jpeg
Douglas Flint"DOUG" Dillard は,1937年3月6日にミズーリ州セイラムに誕生。
そして2012年5月16日に逝去。75年のバンジョー人生だった。
ザ・ディラーズはこれで弟ロドニーとマンドリンのディーン・ウェッブ
の二人が残るのみとなった。尚、ディラーズとしての活動は、ロドニ
ーが引継ぎ活動している。私は自分から好きになった初めての
バンドがザ・ディラーズだった。昔、今は山の事故で故人となった
大森康弘君が弾く「Doug's Tune」や「Banjo In The Hollow」で
ディラーズごっこをしたときは最高だった。合掌

120518_R0012869a.jpeg

120518_891211. TY 0001b


写真/小森谷信治

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ