FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

3人の兄弟が見せる日常がたまらないのリルコミだよ

いやはやきょうは暖かかった。
春がすぐそばに来ていそうな気がしましたが、
夕方になると冷えてきて一気に冬に戻りました。
小平市は都心に比べ気温がて2~3度低い。
天気予報で「東京は0度。寒かった」といえば
小平は間違いなく氷点下。水たまりは
ガチンガチンのアイスバーン。かなり寒いのだ。
こんばんは。

卒論が通った娘が明日から
東欧とトルコへ旅行に出かけるといって、
ただいまは何かと忙しそうにパックしている。
一ヶ月近くの旅だと聞いている。
今回は一人ではなくて、すぐ近所に住む
中学校からの友人と行くのだといっている。
その友人が「トルコに行きたい」
といってきたので、東欧旅行にトルコを
わざわざくっつけたのだと、娘はいった。
二年前だったかトルコへは一人で行ってて、
そのとき出来た友だちに会うからと、
娘はトルコ行きもやぶさかでない様子。
はっきりいって親にはなぜ東欧なのか、
よく分からない。
以前アフリカへ行くといって驚いたら、
ローマ帝国を勉強してるのよ。
分からないでしょと一蹴されてしまった。
どうせまた聞いてもこっちは分からない。
ただ今回は友だちと行くというので、
親としては少しだけ安心できる。

長男が帰って来てゲームを始めたので、
娘とくらべて明らかな違いを眺めている。
長男はどこでもそうかなと思うが、
性格的におだやかでのんびりとしている。
反対に常に強く前に自分を出して、
何に対しても積極的に物事をすすめたりして
後悔しないのが長女で、見ていると
オレの娘かと思うときもときどきある。
こんなふうな女が出来上がるのも
やっぱり時代だなあと、ため息が出た。

きのうサッカー小僧が雨のため早帰りして、
さっそく私のギターを壁から取って、コードを
ぽろぽろ弾いてたのには、心底あわてた。
これまでこのような光景が我が子の中に
決して見たことがなかったから、
こんな素晴らしい現実を見る
心の準備がなかったのだ。
どうしようか、というよりも
「ギターを買ってあげようか」
というと間髪入れず
「自分のお金で買う」だって。
いったいどうなってんだ!
こんなよい子だったのか、この子は。

しばらくの沈黙が流れて冷静になると、
これはたぶん上二人に気兼ねして、
三番目としての処世術、つまり
「兄弟仁義」を通そうとしてるのだ。
それにしても、59才になってはじめて
我が子の楽器を弾く姿を見られるとは
チョ-感激!
何とかブルーグラス系に
来てくれないものか。
な~んてこれはみにくい親の欲目だ。



















コメント

sohske

仁さんのプログ、ここ最近、冴えてますね。ロッキートップにむけ
精進・精進です。筋力トレーニングとストレッチも忘れずに・・・。

島崎さん、激励ありがとう。いつも色々な書き方を心掛けてますが、
時間があるなしによります。腹が減ってたり一杯が早く飲みたかったりすると
落ちつかないので文章もよくないと思います。年中このような調子ですが。
あなたは日本の大文豪の血をひく方なので、誉められるとかえって緊張します。
今後もよろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/236-f57f0ca1

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ