FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

4月6日「小平アールの日」の打ち合わせをした!リルコミだあ

春寒でファンヒーターが必要な一日だったが一歩外に出ると桜が
どこも満開。思わず車を停めて花の下で一杯やりたくなるほど美
しい景色にうっとり。本日は今週6日の「小平アールの日」事前の
ファミレス打ち合わせをした。といってもチャーリー&ナオミちゃん
に私と妻の4人。食事&ドリンクと世間話で盛り上がり、デザート
のアイスを食べるころには話疲れを感じたほどだった。収穫は今
回に限って私のブルーグラストークをサブさんに交代してもらって
アメリカ最新ブルーグラス情報を語ってもらったらいいと意見が出
て「それがいい!」と全員一致を得られたことだった。ただ、その
交渉をまだしていないことがネックだが改めてサブさんに電話をか
けてお願いしてみよう。こんばんは。帰宅すると当のサブさんから
メールが届き、アールの日の「ツアー日程」と「進行の趣旨」など
を知らせてくれたのでいよいよ本番の匂いがしてきた。夕刊には
STAP細胞の論文不正が「小保方氏が捏造、改ざん」と大きくトッ
プ掲載されていたので、「エイプリルフール?」と一瞬感じたりもし
たが、この件は真実らしい。小保方女史のピンチはより強くなった
感じなので是非、本人の記者会見が見たくなってきた。さて、サブ
さんからのメールを公開しますので、4日名古屋、5日神奈川秦野
を含めて前代未聞のバンジョーイベントに是非参加してください。

仁さん、
日曜日はよろしくお願いします。
伊藤さんという方から参加の連絡ありました。
主催者には伝えておくと返信しています。
また、以下のようにツアー直前のお誘いを出すつもりです。
仁さんのブログでも、もしできますれば、名古屋、秦野を含めて
紹介よろしくお願いします。
sab

村片和彦さん(秋元慎バンド)とともに、アール・スクラッグス
という稀代のミュージシャンの奏法に特化した話題から
ブルーグラス、そしてあらゆる音楽を聴く/弾くツボを探しませんか...!? 
3月29日、アールの亡くなった日の翌日に開いた大阪には、
大学生からベテランまで、さまざまな方が集まり盛り上げてくれました。
今週金曜日から東に向かってツアーです。
今回のプログラム詳細や、アールの日リポートとして
ムーンシャイナーに書いた楽器の弾き方など、以下のブログにて。
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/bg/2014/03/post-a591.html
よろしくお願いします。
月刊ムーンシャイナー編集長:渡辺三郎
(参考プログラム)
●アールとブルーグラス創造
Will You Be Loving Another Man(1946)
Bluegrass Breakdown vs Foggy Mountain Breakdown(1947-1949)
●シラブルで弾くことの意味
Wreck of Old 97(1960s)
●アールの音楽性
We'll Meet Again Sweetheart(1948)
Why Don't You Tell Me So?(1949)
Roll in my Sweet baby's Arms(1950)
●アールのギター、グラディとクラレンスに
God Loves His Children(1948)
Jimmie Brown, the Newsboy(1951)
●アール美学と円熟
Polka On a Banjo(1960)
Ballad of Jed Clampett(1962)
Hey Jude(1970)

■名古屋
4月4日(金)午後5時半時~9時半(以下のプログラムは
7時~8時半)
名古屋、日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
第2リハーサル室(金山駅隣接)
参加費用¥2,000-(学生¥500-高校生以下無料、
会費として事前/事後精算にて)
(問)栗田侑美090-4794-6153
   mail: ukiuki.y108@gmail.com
■神奈川・秦野
4月5日(土)午後3時半~(以下のプログラムは4時半から)
場所:渋野(しぶや)イタリアンカフェ&バー
  小田急線渋沢駅南口『スクエアビル2F』
  神奈川県秦野市曲松1-1-3、tel:0463-89-1070
http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140804/14051460/
会費:¥2,500- 食事付き 要予約
(問)三瓶(さんぺい):090-7632-5602
   mail: siroyagi-4682@nifty.com
■東京・小平
4月6日(日)午後1時~午後4時30分
場所:小平市中央公民館「視聴覚教室」
第一部 CDを活用した佐々木仁のブルーグラストーク
(午後1時20分~2時20分)。
第二部 「アールの日:サブ&ムラカタの
バンジョージャム&ワークショップ」(午後2時30分~4時30分)
入場料:カンパ1000円
(問)佐々木仁:090-3917-3672、
   mail: jin3@jcom.home.ne.jp

総合お問い合わせ: 渡辺三郎 0797-85-8384
    mail; fiddleandbanjo@nifty.com

注:今回のスペシャルツアーは「銀座ロッキートップ」では
行われません。関東の場合は秦野と小平のみとなってい
ますのでご注意を。以上すべてのバンジョー&ブルーグラ
スファンに捧げます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ