AX

2017-07

Latest Entries

プロ野球の飛ぶボールと飛びすぎるボールいずれも統一球!リルコミだあ

連日の現場仕事本日は近い学園東町のマンションの1室。2DKの
つくりだが実際は1LDKが精一杯という水増しつくりだったがトイレ、
お風呂、洗面所が狭い場所にまとめられているから使いにくいこと
おびただしい。万一、トイレ中に地震が来たらまずトイレのドアを開
けて次に洗面所のドアを開ける。まだ揺れていたら次に玄関ドアを
開けてようやく外に出る。東北大地震級の地震が来たらこの調子
だとまず逃げられない。ドアどうしがぶつかり合ってまともには出ら
れないだろう。雪隠詰めで第一巻の終わりになる可能性が大だろ
うね。マンションの外見や玄関に入って見渡す体裁は悪くないから、
よく見て入居を決めなくちゃいけない見本のようだった。こんばんは。
去年に引き続き日本プロ野球は「飛ぶボール」の統一球で大揺れ
である。今年は去年の飛ぶボールがベースになっているらしいから
「飛びすぎるボール」と呼ばれている。夕方のテレビでは製造元の
ミズノの社長以下が長テーブルに横に並び説明し頭を下げていた。
去年の場合を考えると確か、飛ぶボールを内緒にした(選手に伝え
ていなかった)プロ野球コミッショナーがコミッショナーの座を追われ
た。そんな実績があったのに今期は去年以上に「飛びすぎる」統一
球となって、外人の助っ人ホームラン打者はボカスカ打っていると
いう。ミズノ社長以下の記者会見では統一球の中身の水分が不足
して乾燥していたという。細かい0.以下の数字を出して説明するが
よく分からない。すぐに作り直せばいいのにまったく歯切れが悪くて、
熊崎プロ野球コミッショナーは「当面は飛びすぎるボール」を継続使
用することを決定し、12球団も了承したと発表。飛ぶボールで去年
のコミッショナーが「飛んだ」のに飛びすぎるボールはよいというこ
とか。それはないよね。私の場合は松坂がレッドソックスに移ってか
らはずっとMLB三昧である。メジャーの場合はコミッショナーの権限
は公平で強大だから飛ぶボールや飛びすぎるボールなど恥の上塗
りのようなバカバカしいことは一切無い。日本にだけこのような摩訶
不思議な事実がまかり通る。スポーツライターの小中翔太さんによ
ると今年の助っ人外人はペーニャ(オリックス)が72発ペースで、去
年王選手の記録を抜いたバレンティンも66発ペース。タイガースの
安打製造マシンのマートンでさえ57発のペースでいま打ちまくって
いる。しかし、2009年の長打率は今年を上回っていたというから何
だろうね、プロ野球はほとんど病気でしょう。

コメント

グラウンドの広さだって統一されていないのに、なぜボールに拘るんでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ