AX

2017-07

Latest Entries

ムーンシャイナーのハンバート ハンバート/インタビュー!リルコミだあ

今日は暑くなって仕事中はTシャツだったがそれでも暑かったゾー。
現場は小金井北口三菱UFJ銀行の裏でやたら掛け声が迫力ある
八百屋の二階だった。午後1時に作業終了。そのまま帰宅して予定
通り私は一橋学園駅裏の床屋へ多摩湖線で行く。八坂駅で電車に
乗るとおばさんたちで超満員。「何だ!何だ!」と仰天しつつもおば
さんたちを観察するとみなさんが小さいバラの花束を持っていた。
そう、西武球場で「バラフェスティバル」が開催中であることが分か
った。しかし、車両の中の男子は私一人?ではないかと見回すとい
た、もう一人学生が。それにしても蜂の巣を突っついたような会話が
すさまじかった。

140515_ms.jpg
こんばんは。ブルーグラス専門誌月刊ムーンシャイナーが届いた。
今号のスクープは男女デュエットで人気の「ハンバート ハンバート」が何と、
アメリカナッシュビル録音でプロデューサーがティム・オブライエン!
私や私たちのオー!ジン・バンドの超アイドルなのでビックリ。
「たまげたー」とハンバート ハンバートの佐藤良成
の特別インタビュー記事を興奮して読んだ。
なぜティム・オブライエンというビッグネームがプロデューサーとなったのかの問いには
「2006年12月に行われたティムの来日公演の前座をやらせてもらった縁
のときティムから提案されました」という。
ナッシュビル録音という訳は相方の「佐野遊穂が春先だと花粉症で
鼻声になってしまうので、どうせやるならナッシュビルで
7年越しのティムとの計画実現しようと連絡をしました」ときっかけを話した。
CDアルバム「むかしぼくはみじめだった」は今月21日発売だというから是非購入したい。
佐藤良成くんとは高円寺のムーンストンプの「タローデー?」にタローに誘われて、
ワイワイと楽器ごっこをやって楽しんだときに二三度会ったことがあった人。
もちろん、あのときのあの人がこんなビッグな人だったとは知らなかった。
ティム・オブライエンがもしも来るようなことがあったらばチケット入
手はタローに頼むしかない。
タローくんにせっせとゴマすらなきゃ。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ