AX

2017-09

Latest Entries

小平ブルーグラストーク・ゲスト奥 和宏!リルコミだあ

まずは先週末23日に開かれた「小平ブルーグラストーク」のお話を
始める。何よりもこの日、東京上空が曇りホッとするほど気温が低く
涼しかったことである。この日から本日、火曜日まで連続して涼しい
のだ。小平のブルーグラス活動が涼を呼び込んだとあれば素晴らし
いことで涙がちょちょぎれるほどうれしいな。こんばんは。

この日のスペシャルゲストはアメリカンルーツ系ミュージックを新しい
理解、楽器を通して音楽を解説をした「アメリカンルーツ・ミュージック
楽器と音楽の旅」(音楽之友社刊2004年)の著者「奥 和宏」さんに、
「ブルーグラス誕生の過程を探る」(奥氏)というタイトルでトークをお
願いした。「関連する音源をかけながらトークします」という通り、大変
貴重な音源を自ら用意してもらい合計17曲を元に75分間、熱くトー
クをしていただいた。まずとっかかりは「Salty Dog Blues」/Flatt & Sc
ruggs At Carnegie Hallとブルーグラスファンには絶好の切り口で始ま
った。これで硬かった会場は一変、奥氏への理解と親近感でいいムー
ドに。さすがにフラット&スクラッグス!続いて同「Salty Dog Blues」を
古いBooker Orchestra をかける。一聴してルーツミュージックの洗礼
を受ける。ここで会場から私に「ソルティドッグってどういう意味?」と
の質問があり、このことを奥氏に耳打ちする。するとすぐに質問に答え
て、「セックス好きな人の隠語がソルティドッグだと思います」との解説。
実際、古い曲にはこのように顔が赤くなるような伝承曲が少なくないの
だ。3曲目の「Jack O' Diamond Blues」/Blind Lemon Jefersonのあた
りからブルーグラスの特徴でもある「ギターランニング」(4,5,6弦で
弾く経過音)のあたりから黒人のブルースがブルーグラスミュージック
に根源的な影響を与えているのではないか、と会場からため息が出は
じめてきた。ここでまたフラット&スクラッグスのカーネギーホールライ
ブから「Mama Blues」がかかり、そのヒントになった古いwilliam McCoy
のMama Bluesがかかる。古い優秀な曲との比較が10曲目くらいから
会場の目つきが変わって来ていた。私が目が覚めたのが「Soldier's
Joy」/Nashvill Washboard Bandのくだりでビル・モンローの「Soldier's
Joy」を聴いたとき、リチャード・グリーン、ピーター・ローワン、ラマー・
グリアーのブルーグラスボーイズがもの凄かった、感動したというより
モンローとリチャード・グリーンの凄まじさに恐くなったのだ。みなさん、
お手もとににLPがあるなら聴いてほしい。トークが進み最後はビル・
モンローの世に出た決定曲「Mule Skinner Blues」だったが、モンロー
がすっかり黒人ブルースシンガーになったように聴こえてきたのは私
だけだったのだろうか。奥氏は打ち上げの席で「今回はブルーグラス
ファンのみだったのでやりやすかった」と語っていた。

この日の第3部はバンドによる生演奏。しかも小平ギャザリングの中
から生まれたThe Peter PanとThe Round Grass。キックオフは永遠の
青年という意味がこもっているとMC担当のサブちゃんが初めて解説。
リードボーカル川本さんが歌い、バンジョーの内倉さんが間奏を弾き、
森本さんのギブソン・ロイドロアーがコロコロとビューティフルな音で
絡みドブロの内田さんがまた絡む。次は青梅の内田さんが率いる「ザ
・ラウンド・グラス」がフルで揃ってくれた。私が聴きたかった森田さん
がフィドルとリードボーカルで顔を見せてくれたことはうれしかった。マ
ンドリンとテナーボーカルの橋本さんもハットをかぶってやる気十分。
ドブロはブルーグラストークのCD担当で毎度お世話になっている古
谷くん。ここはリーダーの内田さんを筆頭に橋本さん、森田さんの3人
もリードボーカルがいるというゴウジャスなバンド。面白いベースを弾
いているお方のお名前を忘れてしまいました。メンゴ。まあとにかくこの
ラウンドグラスは芯の通った渋くてかっこよいバンドである。中でも森
田さんのボーカル&演奏にはシビレた。ネクストはギャザリングから生
まれたもう一つのバンド「多摩リバーバンド?」に登場してもらいたい。

来年の話をすると鬼に笑われそうだが奥氏には「アイリッシュミュージ
ック」をトークしてもらう企画を考えている。

コメント

レベル高い内容でした。

講義中は、背景の(パーッチワーク的な)タペストリーに 見とれていました。(手作り感がなんとも・・・)

(よくを云えば)星条旗よりは、レベル・フラッグのほうが、ブルーグラス的にはしっくりきますよね。

Round Grassのベースは、進藤です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ