AX

2017-11

Latest Entries

午後は「小平ギャザリング」に参加!リルコミだあ

きょうは午後からギャザリング。ホントは仕事でギャザリングはお休みの
予定だったが、現場の奥様が「雨の中では嫌だ」という電話をかけて来て
ドタキャンとなった。お客様には無理には逆らわず、「仰るとおり」と納得。
これで晴れてギャザリングに参加出来る。ぽっかり空いた時間が目の前
にあるのがうれしい。大急ぎで愛用のギターの弦ミディアム→ミディアム
(ダダリオ)を変えて、尚もきょうは何を歌おうかなと珍しくCDを物色しはじ
めた。いわゆる自由な「自分の時間」がおよそ3時間ほどあったからであ
る。我が家のサッカー小僧も聞いているよと妻が教えてくれた「マック・ワ
イズマン」のCDを選び、まずはじっくり聞きはじめる。といっても「RESTER
AND MAC」という日本編集のCDアルバム。マック・ワイズマンは衆知の
通りソロボーカリストである。カントリーミュージックの世界ではソロボーカ
ルが当たり前だが、ブルーグラスでは珍しい。ともかく私の秘蔵アルバム
RESTER AND MACは貴重すぎて実はあんまり聞いていなかった。ブルー
グラス界ではレスター・フラットとマック・ワイズマンのリードボーカルは両
巨頭といわれるほどの存在である。その二人が歌い合うという録音、デュ
エットしちゃったりする録音はあまりにも少ない。ましてマック・ワイズマン
は自分のボーカルにハモらせることはさせない人だと聞いている。かたや
「レスターならば」文句をつけられないとマックが決意したのかどうかは分
からないが、レスターとマックがリードを取り合うという夢のようなCDが楽
しかった。何年かぶりで「ON THE SOUTH BOUND」に興奮したりして満喫
出来て、その勢いでギャザリングに臨んだ。本日のハイライトは「THE PE
TER PAN」だった。ギャザリングの中から今年生まれたバンドだったが練
習の成果が出ていてまとまりと安定感が素晴らしかった。今後はコーラス
にも工夫があればもう少し説得力が出るだろうと感じた。来月10月13日
(月・祭)午後6:30から国立はっぽんで2度目の発表会が開かれるが、
特にバンドにはがんばってほしい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ