AX

2017-11

Latest Entries

12日ディスカバー小平/ブルーグラスコンサート!リルコミだあ

連日の寒波に「寒い!」を連発している小平からこんばんは。
昨日は小平市中央公民館ホールでお正月恒例のブルーグラ
スコンサートを開催。数えて6回目となった。冷たい風の中午
前8時に公民館裏の駐車場に行くと「日暮PAマン」とMC役の
我が娘が親子3人で来ているではないか。特に私の初孫が赤
いほっぺをさせてベビーカーに乗っていたのには感激。思わず
抱き上げて暖かい車の中に乗せる。チャーリーさんとナオミち
ゃん、そしてザ・ピーターパンの川本さんが会場のオープンを
待っていた。コンサート制作では欠くことが出来ないスタッフで
ある。他のスタッフも含めて会場がオープンすると整然と自分
の仕事を始めた。PAのセッティングとバンドリハーサルを続け
ながら、微妙な音を作るのが私の主な仕事である。しかし近ご
ろでは私の判断など必要がないくらいPAマンたちは黙々と正
確に音を決めて仕事をして行く。北海道の江別市からやって来
た渡辺陽子さんとご主人のテリーさん夫婦がDAD荒川さんに
エスコートされて会場入り。DADさん、「昨日の夜は盛り上がり
ました」とご夫婦を泊めて楽しんだ夜を私の耳元でささやいた。

小田原BG研究会のみんなとウエイフェアリング・ストレンジャ
ーズ、デッドマン・ウォーキング、ブルーサイドオブロンサム、
レッドジンジャー、麻田浩&ザ・ワカテもそろって各自リハを終
えてイザ、本番。「オンタイムで行くよ」とライトマンの三宅さん
とPAマンに伝えて12:25分、MCの花枝を送り出した。ご主
人の畠山さんはよちよち歩きのヒロトくんをしっかりガードしていた。

140113_IMG_6599_R.jpg

トップバッターは初登場の「小田原ブルーグラス研究会」
である。白いハットをかぶったメンバーがカチッとまとまったブ
ルーグラスを表現して拍手をもらった。最初に生の演奏を決め
てくれるオダブルの起用は大成功だった。続いて若いレッド・
ジンジャーの登場だ。リハのとき「ワンマイクで行く」と決めて
ローテーションの必要な真ん中ワンマイクを選択。若さ溢れる
演奏がお客さんに受けていた。会場の後方に移ってステージ
を見ると照明に浮かび上がった彼らが美しかった。去年と比べ
て最も進化とまとまり感を出してくれた。全員が東北大OBで、
DAD荒川さんが去年小平に連れてきたのだった。

140113_IMG_6604_R.jpg

140113_IMG_6628_R.jpg

140113_IMG_6635_R.jpg

140113_IMG_6657_R.jpg

渡辺陽子さんが渋くて味わいたっぷりなオートハープの弾き語
りを疲労してくれた。小平では三年前のオールドタイムコンサ
ート以来、二度目の登場。歌い方もオートハープのプレイも彼
女独特のオリジナルティで会場の聴衆を魅了。ご主人のテリー
さんは「足を運ばないと出会いがないんですね」と今回のコン
サートを評したが、陽子さんのパフォーマンスこそ会場に来な
いとその素晴らしさを体験出来ないだろうと思った。
続いては私の親友が作った「ザ・ブライアーズ」。今回はますます磨きが
かかったルーフトップシンガーズとグリーン・ブライアー・ボー
イズを披露してくれた。体から搾り出すボーカルと演奏が両道
的に絡み合って素晴らしいアンサンブルだった。「17日のバ
ックインタイム・ライブの練習をするから」と出演後、早々と会
場からどこかへ帰って行ったがこれは是非お勧めのライブで
ある。「席は残りが少ないけど是非来てください」と須貝さん。

140113_IMG_6660_R.jpg

140113_DSCF0804_R.jpg

140113_IMG_6685_R.jpg

140113_IMG_6694_R.jpg

後半のスタートは「麻田浩&ザ・ワカテ」の登場である。毎年、
バンジョーの桑原達也くんの裸のパフォーマンスが登場する
が、今年も期待を裏切らず見事な裸体パフォーマンスを見せ
て会場から喝采を受けていた。それと対比して非常に渋くて落
ち着いた大人のデュエットを聞かせてくれたのは麻田&田村
の初めてコンビだった。ワカテの卓越したプレイに支えられて
惚れ惚れするボーカルだった。二極のステージがもう板につ
いていた。どよめいたお客さんをきれいに落ち着かせたデッド
マン・ウォーキングも相変わらずの大人のバンドだった。お洒
落な雰囲気を作って、ときどきハッとするような迫力のコーラ
スを披露したり、ただ今まさに絶好調の様子。エレベーのオッ
クンは今回、昨年末に発売したアルバム「マーマレードスカイ
」を持ち込んで入り口で販売をしてくれた。

140113_DSCF0837_R.jpg

140113_IMG_6725_R.jpg

140113_IMG_6734_R.jpg

140113_IMG_6744_R.jpg

140113_IMG_6746_R.jpg

さて、東京ブルーグラス界の最重鎮バンドの「ウエイフェアリングストレンジャーズ
」が登場した。リードボーカル&ギターの金子さんの多忙ぶり
を心配した他のメンバーたちも晴れ晴れとしたいい顔である。
リハーサルのとき、この日の素晴らしい出来を感じていたが予
想通り、リラックスして最高のまとまりに後光が指したほど感動。
バンド暦51年という信じ難い彼らのキャリアは光輝いていた。
そのうえ、私をはじめとしたスタッフを心から褒めてたたえてく
れる。武田さん、近藤さん、林さん、萩生田さん、そして金子さ
んのウエファは私たちには永遠である。

最後はブルーサイドオブロンサムである。今回は手島ファミリ
ーの家族旅行と日程がバッティングしてしまい、ベースの手島
パパとフィドルの宏夢くんがいないブルーサイドだったがそこは
百戦錬磨、笹部益生さんは揺るぎなく最高にエキサイティング
なトリにふさわしいステージを展開してくれた。紅一点の坂本愛
江ちゃんのボーカルは凄みを増して冴えまくって場内のお客さ
んを圧倒。ケンタッキー・ワルツではその素晴らしいボーカルに
歓声が起きたほどだった。まあとにかく、バンドの存在感もまと
まり感もベストで袖にいた私もうっとり。大満足だった。

140113_DSCF0889_R.jpg

140113_IMG_6801_R.jpg

140113_IMG_6813_R.jpg

140113_IMG_6819_R.jpg

140113_DSCF0928_R.jpg

140113_DSCF0936_R.jpg

140113_IMG_6876_R.jpg


さて、写真は林さん。また、たくさんのお客さんに感謝を申します。来年
も会いましょう。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ