AX

2017-11

Latest Entries

今日は午後からギャザリングだった!リルコミだあ

きょうは午後からギャザリング。用事を済ませて市役所の税務課に
昨日記入した申告書を提出。そして次は公民館のタッチパネルで4
月の1回分が落選したため直接申し込まないといけないシステムな
のでオジさんに「予約」をお願いしたのだった。受付に座っているオ
ジさんにタッチパネルの場所まで移動してもらい「お願いします」と私。
「何日が希望ですか」と聞かれたので画面を見るとあ~ら残念、ほ
とんどが×になっていた。午後の部希望者は、わずかに16日(木)
音楽室の午後しか空いていなかった。視聴覚室もホールもすべて
がふさがっていた。そこでポチッと16日午後音楽室を予約。しかし、
これでも予約が出来たわけではなく、他の予約者が無ければその
ときに成功なのだった。ギャザリング前にこんなことをして始まりの
時間を待った。モッチャンが登場してテキパキと午後1時過ぎにセッ
ティングが出来てスタート。いつもならチャーリー&ナオミちゃんの「
ギャザリング・テーマ」で始まるがナオミちゃんはただ今病気中。
ならばということで私が歌ってスタート。曲は始まりにはふさわしくな
いか「また逢う日まで」だった。やがて唄える川本さんや橋本さん、
菅野さんがそれぞれ歌った。本日、新人さんがやって来た。学習院
大卒の坂本さんがドブロを持って来て弾いた。どんなリズムでもき
ちんと間奏を弾いてくれたので、きっと誰かにバンドメンバーとして
引っ張られるかもしれない。今年1月に会社を卒業してようやくギャ
ザリングに参加出来たそうである。今日のバンジョーマンは松田さ
んと内倉さんの二人。いつもより少ないがこの二人が絶好調でギタ
ーを弾いて気持ちよかった。先週の金曜日に国立はっぽんで発表
会をした効果が持続していたのか。女性バンジョーマンを忘れてい
た。丸山加代子さんで彼女は実にスクラッグス的に弾くが今日は歌
も唄った。歌を唄うとはあまり知らなかったので大きな発見である。
歌といえば先週の発表会にも登場したリリーさんが、持ち前の美し
い喉を披露して拍手をもらっていた。他には吉田類さんと橋爪さん
がフィドルを合奏してくれたが、私は彼女(橋爪さん)にはこれから
リードボーカルに挑戦してほしい。フィドルが上手になってバンド入
りという方向も理解できるが「唄えるフィドラー」という立ち方を目ざ
していただきたい。デイジーヒルの追っかけとして知り合った内田さ
んご夫妻は本日、そろって登場した。お父さんがバンジョー、奥さん
がフィドル&リードボーカルで堂々と、二人で2曲を披露して拍手を
もらった。途中、病気検査中のチャーリー&ナオミちゃんがそろって
登場。休憩に切り替えてしばし歓談。弾いて楽しく歌ってよく、あげく
待ち人登場もあった今日のギャザリングは実に内容が濃かった。

エレキギターのドクターKこと徳武弘文からライブ情報が届きました。
すでに3/1(日)分は終了していますが、「ラトル・スネーク・アニー」
との共演は貴重です。以下はメールの公開ですが、3/26日(木)は
ミスプリがあり、オープン&スタート時間が違いますのでご注意を。
正式には18時オープン、19時スタートです。

150304image001.jpg

徳武です,昨日は寒い中お集まり頂き有り難う御座いました。
持ち替え等で苦戦しましたが、たっぷりサウンドを奏でさせて
もらいました。さて,次は26日です、ラトルスネイク・アニーと
は90年代からの御付き合いになります。何せ,歌声は本物
です!ブルースとカントリーを得意とするサウンドは他の比で
はありません。日本では何故か私が呼び出されます、不思議
な御縁です。どうか,お見逃し無い様に。
http://www.rattlesnakeannie.com/
御予約御勧めします。
http://guitarsalon-paco.jp/
宜しくお願いします。

スコットランド系アイルランド人とチェロキー・インディアンの両
親の間に生まれアメリカ南部のテネシーで育つ。16歳でブルー
スとロックに魅せられメンフィスに移る。1969年ウイリー・ネル
ソンと出会う。1974年、デビュー・シングル「TEXAS LULLABYE」
リリース、1980年にはデビュー・アルバム「RATTLESNAKES &
RUSTY WATER」をリリース、1982年、ヨーロッパでの活動開始。
殆どのヨーロッパを廻り,チェコではMICHAL TUCHYとアルバム
共演、日本でもアルバム「RATTLSNAKE ANNIE」CBSソニーより
リリース。世界中を渡り歩き活躍している。1991年以降毎年何
度も日本に来日し日本のミュージシャン(加藤登紀子、南こうせつ、
岡林信康、小坂一也 etc)との交流がある。彼女はアメリカン・
ルーツ・ミュージックの特にアメリカ南部産のカントリー、ブルース
を中心にしたサウンドの体現者であり表現者だ、本物の歌声を是
非聞いて下さい。「テネシー・ワルツ」「ヴァイヤ・コン・デ・オス」
「セントルイス・ブルース」「朝日のあたる家」他。パコでは初登場
ですが、カントリー、ブルーグラス・ファンのみではなくブルースコ
テコテ大好きの人が聞いても本物の歌声には納得させられるで
しょう。正にスワンプのサザンナイトです。お見逃し無く!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ