AX

2017-07

Latest Entries

山や森の保水力を考えてみた!リルコミだあ

きょうも秋晴れだったが11月らしく寒い日でつい暖かいストーブを
思い出した。こんばんは。田舎の家は薪ストーブで10月の初旬ご
ろ据え付けが終って、冬中の燃料となる薪も家の横にきれいに積ま
れてあった。しかし、この薪を割ったり積んだりする仕事は当時中学
生だった私が任せられた。まずは父が山から切っておろしておいた
木をリヤカーに積んで弟に後ろを押してもらって家まで運ばないとい
けなかった。10月に入ったころの日曜日に早く起きてリヤカーで木
を運んでストーブに入るように切り割って薪を作る。これが途方もな
い仕事量で、太い木を割る頃になると足や腰がふらついて斧を振り
上げて割ることが不安定でうまく行かないことがあって、予想よりも
時間がかかった。薪にする木は自分の山に雑生している広葉樹の
雑木である。コナラ、山桜など燃やすと熱量のある硬い薪は珍重さ
れるが、反対に栗や霧、ほうの木などの柔らかい木は燃料用の薪
に向かない。柔らかいからすぐに燃えてしまい繰り返しが多くなる。
これが面倒なのだ。あと杉や松など針葉常緑樹は燃料用に切られ
ることはまずなかった。その理由は成長が遅いからで、広葉樹に比
べると針葉樹の成長はかなり遅い。両方が混ざっている森が仮に
あったとすると数十年後には杉やヒノキ、松などの針葉樹は広葉樹
に駆逐されて姿を消すと父が教えてくれた。だから父は杉は杉林だ
けにして他の木は植えなかった。つまり、燃料となる雑木山は自ら
手をかけることはなく、もっぱら杉やヒノキそして松の枝払いと下草
刈りをするなど手間をかけていた。あと、常緑の針葉樹は大量の水
が要るとも言っていた。当時は何を言っているのかまるで分からな
かったが、大人になって屋久島の樹齢4000年の杉が発見されて
ニュースになると、「屋久島の降雨量を聞いて」あ、そうか、雨の多
い屋久島ならではの杉だと、父の言葉を思い出したのだった。山の
「保水力」という言葉をよく耳にするがこれは広葉樹が秋に落ちて、
それが年々積み重なって土になっていく。雨水をこの過程で貯水す
ることを指すのが森の(山の)保水力という。平地のブナの森に入
ると地面が分厚い絨毯のようなフワフワ感があったことを思い出す。
反対に針葉樹には保水力はない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ