AX

2017-11

Latest Entries

TOO LATE TO TURN BACK NOW ! リルコミだあ

本日も冷たい北からの弱い風が吹いて指がかじかんでしまった。
大慌てでお湯の中へ両手を突っ込み、「フーッ」と安堵。北側が
玄関のためおよそ半日は氷点下の風が当たる場所にいて作業。
お湯がないとガラス他がクリーニング出来ないのだった。こんば
んは。先日、CD棚を物色して探し物を発見できずにがっかりした
とき、久しぶりに聞いてみようと出したのがNGRの「TOO LATE
TO TURN BACK NOW」(1977年)である。
160218ngr.jpg
1曲目の「Lonesomeand a long way form home」でガキン!
と一発頭を殴られたようなショックを受ける。
それもそうだ、NGR初期の大傑作アルバムで
爆発的エネルギーが老体を破壊しそうになった。元気をもらうな
んてというもんじゃなくてこのパワーはもの凄い。1曲目はディラ
ニー・ブラムレットとレオン・ラッセルの共作でこれをNGRが取り
上げたロック魂溢れた代表曲だ。サム・ブッシュ、カーティス・バ
ーチ、ジョン・コーワン、そして素晴らしい最高の雰囲気を演出し
てくれたバンジョーのコートニー・ジョンソンという鉄壁のバンドで
ある。全7曲すべてがテルライドフェスのライブ盤。2曲目は西海
岸ディラード&クラークのレパからNGRといえばの「With Care
From Someone」。この曲をこのライブでは8分!で豪快にやって
くれる。3曲目はピーター・ローワンの「High Lonesamo Sound」、
4曲目はカーティス・バーチのドブロで「Rainbow Bridge」で一息
入れて、残る後半の3曲はトータルで約15分だが一気に聞ける。
5曲目「Watermelon Man」、6曲目「Fly Through The Country」
そして熱が最高潮に盛り上がった最後は9分35秒のオリジナル
インスト「Red Men Blues」でジ・エンド。かつてこのアルバムを聞
きながら拳を突き上げて勇気をもらったアルバムである。ベラ・フ
レックとパット・フリンが入ったNGRとは一味違ったスタイルの最
高の一枚だ。

いつも色々な情報を贈ってくれるジェリー・ダグラスが今回は泣く
子も黙る必殺ブルーグラスバンドのアメリカツアーです。昔のよう
にパワーがあったら日本にも呼びたいナンバーワンのバンドだ。
http://earlsofleicester.fanbridge.com/campaigns/show.php?id=1343052&sid=261013401

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ