AX

2017-09

Latest Entries

先週12日は新幹線で大阪駅へ行った!リルコミだあ

きょうの小平は雨が降ったり止んだりのお天気だった。こんばんは。
先週12日(木)に私は30数年ぶりに大阪駅と阪急梅田駅という
大阪のど真ん中に行った。午後二時に乗った新幹線こだまが新大阪
駅に滑り込んだが、やはり時間の経過は凄まじく古かった新大阪駅
が目を見張る駅に変化していた。もっと驚いたのはホテルにチェッ
クインするために環状線の福島駅を目指して大阪駅に下りたとき、
あの大阪駅がきれいにリニューアルされて併設の天をつく巨大なビ
ルが二本もそびえていたからビックリ。私もつい見とれて、アレッ、
環状線はどっち?と思わず間違えそうだった。ようやく目的の電車
に乗って一つ目の福島駅に到着。目指すは「ホテル阪神」だがここ
でも巨大なビルに変化していた。「ホントかよ!」と目指すホテル
の巨大さに圧倒されつつチェックイン。女性のフロントマンに聞け
ば「何年だったか建て替えた」とのこと。細かいことは帰ってから
調べようと考えて女性を追及しなかったが、かつて私が音楽業務を
やっていたころ招聘したバンド「スペクトラム」を泊めたホテルが
正にこのホテル阪神だった。バンドは5人だったが、このときすで
に解散した後だった。ベラ・フレックは「このツアーが終わったら
NGRに入る」と言っていたし、リードボーカルのグレン・ローソ
ンもブルーグラス以外のバンドに入りたいなと言っていた。しかし、
バンドは隙のないカチッとまとまったブルーグラスバンドに仕上が
っていた。リーダーのジミー・グッドローは夜自分のホテルルーム
に戻ると静かにお手持ちのジャックダニエル12年をなめていて、
「私はバンドが解散しても(生活を)心配していない」と余裕たっ
ぷりだった。このときの夜遅くになってベラが「電話をかけたい」
と申し出てOKするとやおら電話をかけた。どうやら電話の相手が
ソニー・オズボーンで、話はバンジョーが手に入ったかどうかの確
認をしていたようだった。電話のあと「バンジョーの話だったの?
」と聞くと「そう。頼んでいたバンジョーが買えたのかダメだった
のか。約束の日がきょうだったんだ」という。「結果は?」と私の
言葉に右手の親指を立てて「買えたんだって!」と最高にうれしそ
うだった。そんな思い出が詰まったホテルだったが残っているのは
名前だけであとはすべてが新しく大きく生まれ変わっていた。さて、
ここからが本番。浦島太郎と化した私は本日の目的地である門戸厄
神駅へ向かって阪急電車の急行に乗る。しばらくすると西宮北口駅
という不思議な名前の乗換駅に着いて乗り換えて、一つ目の門戸厄
神駅に到着。ここからは徒歩で目指すはライブハウス「壱服庵」へ
向かう。5分も歩かないうちにPCの検索で見たことのあるビルに
着いて見上げると看板に壱服庵とあった。「着いた!」石の階段を
三階に昇って中のドアを押して開けると、窓際の席に鮫島さんご夫
婦がいた。向かいの席にはマンドリンの巨匠谷村順造くんが笑顔い
っぱいでお迎えしてくれた。きょうは昨年6月に亡くなった私たち
のお仲間「田川昌二を懐う会」があって、そこに故人とは親しかっ
た私も出席したというわけだった。ライブハウス正面には祭壇が設
えられて真ん中に故人の大きな遺影が飾られていた。撮影者は巨匠
小森谷信治氏で、本日の会の主催者滝本康正氏の友人が拡大作業を
引き受けたらしい。見事な出来栄えにしばし見とれた。というわけ
で「田川昌二さんを懐う会」は故人と親友で飲み友達だった壱服庵
の店主「滝本康正」氏が企画制作万端をしたものである。およそ午
後8時ころより滝本氏のご挨拶が契機となって、会場内に集まった
友人たちが故人を懐う溢れるような気持ちが一つとなっておごさか
に流れて行った。故人はベースマンだった。「したがって唄ってい
る声を探したがありませんでした」と語った滝本氏。「僅かに残っ
ていた生前の言葉があります。それをお聞きください」と声音を会
場に流してくれた。すると元気な田川が戻って来たように感じたの
は私だけではなかったはずである。会はプレイ&シンギングが無し
で、参加者一人ひとりが生前の田川昌二をそれぞれが語るという流
れだった。これが非常によかった。谷五郎が語り、廖学誠も語り、
茂泉次郎も語った。かつて田川が所属した六甲マウンテンボーイズ
のメンバーだった鮫島氏も故人を親しみを込めて語った。私も生前
の故人が酒を飲みすぎていないかを心配してかけた電話などを語っ
た。他にも続々と語りながら会が進行してとてもよい雰囲気のまま
に終わって解散となった。私はアンドレと廖と鮫島夫妻と共に阪急
電車に乗って何とかJR福島駅まで戻った。今回の会を主催した滝
本氏のやさしさに触れて思ったが、生前の田川昌二はどれだけ癒さ
れたことだろうかと振り返った。よい友は人生をより深くする。故
人は酒豪と同時に大暴れが付いて回った人物だったが、普段は友だ
ちがいのあるブルーグラスベースマンだった。あの世で会おう。合
掌。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ