AX

2017-11

Latest Entries

先週末は2016年箱根フェスだった!リルコミだあ

先週金土日は毎年恒例の「箱根フェス」だった。
8月20日に朝長クリニックで診察を受けると血圧も糖尿病も「かなり良くなっています」
とのドクターからのお言葉があり、それによってうれしさと同時に
元気が出て来て歩行にもグッと力が入ったのだった。
このドクターのお言葉は直接には関係なかった
この夏大いに苦しんだ「熱中症」の私の体までも元気づけてくれ、結果的
に箱根フェスへも行けるんだという体にしてくれたのはビックリ。
病は気からという古いことわざを実践出来た感じ。

というわけで26日午前中、私、亀野、谷口を乗せた西貝カーは
途中の渋滞に巻き込まれながらもゆっくり前進を続け、
午後2時ころ晴れて気持ちのいい現地に着。
すでに料理人のイイダコさんは着いていて満面の笑顔でお迎えしてくれた。
タープを張りテーブルを組み立てイスを並べると、
あとはプシュー!と缶ビールでカンパーイ!!
今年も始まりました麗しの箱根フェス。
夜になると柴木、山口なども加わり何だか絶好調。
そのちょっと前の夕方、西海ご夫婦がそろって登場して私のお見舞いに、
「体調はいいんですか?」とミカちゃん。
しばらく会っていなかった間に私が糖尿病&高血圧、そして熱中症にかかっていたこと
を心配してくれてフェス早々に駆けつけてくれたのだった。
ありがたかった。「足の筋肉がなくなったので
今回は出演はやめました」と応るなど色々話した。
他に三上お坊さん、三瓶さんなどたくさんの人々からお見舞いをいただく。
ありがとうございました。
土曜日の朝になるとデイジーヒルのお二人も到着。
「地ビールを買ってきたので差し入れです」と洋子ちゃん。
午前9時を回ったころ、「お風呂行く人は」と山口くんが声を出す。
「はーい」と私、他に谷口トシローくん、柴木くん、
そして西貝夢弦堂が挙手をしたので午前10時に山の中のお風呂にゴー!
今度は山口カーに乗り換えて目指す。
高級ムード溢れる山のお風呂は大人気だった。
私たちも露天風呂へ一直線。
5人でいつもの話題を不通に話していると、
何やら一人の親父が「私は静養も兼ねて来てるので静かにしてくれませんか」だと。
場所をわきまえて話しているのにクソッタレメだった。
すぐに露天風呂から出て着衣に替えて廊下のソファーで一休み。
「近道を行こう」と山口くんが言ったかと思うとうっそうとした杉林の中、
林道と思われる細い道を下る。
「変だなあ、ナビから道が消えたぞ」と「間違えたかもしれん」などと言ってUターン。
少し広い場所でも「切り返す」と言って見事ターン成功。
拍手がパチパチと車内で上がる。
しかし、ターンして進むも前途は一段と道は細く両脇から枝が垂れてトンネルのように見えて
「お風呂のところまで戻ろう」となってまたしてもUターン。
「ナビが消えたのは木々に邪魔されたのかも知れない」と山口ドライバー。
悪魔の住み家に向かって突き進んでいたんじゃないかと思ったほどの
スリル満点のドライブもお風呂に着くと、「おお!」と車内では感激のお言葉に包まれた。
あとはフェス会場まですっ飛んで到着。
すると弱かった雨が急にドバーに変わって、
あとは「やんでくれ!」という願いもむなしくジャージャーと降り続けた。
私たちのバンガローからは「ノウスタル爺や」と
「カメちゃんソロ」の二組が出演することになっていた。
外はかなりのザザ降りの中、ノウスタル爺やのリーダーの西貝は立ち上がり決意の歩行に
バックバンドが付いて行く。その次はカメちゃんソロ。
やはり雨の中決意をして出発。
西貝さんは集中心を発揮して好調なステージだったよと山口くん。
雨の中颯爽と終わって戻った

カメちゃんは静かに椅子に座ってビールをゴクリ。
再来週は私たちがカメちゃんの地元旭川フェスに行くことが決まっている。
両方ともに雨の危険は考えられるが、
「場所が島田音楽堂といって建物の中だから雨は関係ないです」とカメちゃん。
楽しくなりそうだ。
今年のクッカーとなったイイダコさんはちょっとの暇も取れない忙しさで、
「やっぱり大変だわ」と実感を漏らしたが、
金曜日から日曜の朝食まで大変美味しい料理を作って、特に土曜日の夜
の豚バラ肉のメイン料理には拍手歓声が起きていた。
「少しは旭川の練習が出来るだろう」と考えていた私の想定は忙しく
一手に料理を作り続けるイイダコを見ていると
無理だったことが暗黙のうちに理解したのだった。
日曜日もやが会場を覆っていたが朝5時すぎには次第に消えて
どんよりと曇っていたが雨はやんでいた。
小森谷巨匠が現れて色々な会話をする。
彼は私と違って大元気な68歳である。
私は1年先輩の69歳。お互い年を取ったねーと笑う。
カメちゃんが起きて来て、「きょうはこのまま降らない」らしいとスマホを見ていた。
やがて朝食を食べて清算をすると撤収にかかる。雨がやんでくれるのは大歓迎。
午前10時すぎにギッチョが柴木と篠宮オヤジを乗せて帰路へ。
少し遅れてイダコカーと西貝カーと続いて会場をあとにする。
昨晩のうちに帰って行った人は松本くん(ネッシー)と山口くんの二人。
まっちゃんは久しぶりの箱根フェスにいくらか興奮、喉が枯れるほど話に切
り込み大きな声で笑っていた。
山口くんは例年のごとく土曜日の夜中に帰って行った。
私は出演しなかったのは初めての体験だった。
それよりもバンガローとトイレを往復しただけの孤独なフェスとなった。
体調は少しづつ回復しているのでどうやら旭川には大丈夫そうだ。
台風10号が迫っていたが、箱根フェス期間中には届かなかった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ