AX

2017-11

Latest Entries

旭川ファンタジーは美味しくもありグッド楽も最高の夜だった!リルコミだあ

先週8日に旭川入りしてフェスを挟んで3泊4日間の旭川旅行を満喫して
11日夜9時に帰宅。
羽田空港に到着すると夢弦堂さんが「お腹が空いた」と発言。
お仲間を引き連れて食事に行くが私は国分寺駅着の高速バスの時間があったので
お食事はパス。
こんばんは。
国分寺駅行きのバスは快調だったが甲州街道の
「味の素スタジオ=アジスタ」手前あたりから混みだして
国分寺に着いたのは夜の9時に近かった。
それでもほぼ予定通りだった!かな。

さて、先週8日午後に旭川空港に着。
同行者は「オージンバンド」+まっちゃん&夢弦堂さん。
空港からバスで旭川駅まで移動すると、あらまあ!真新しくてビューティな駅に驚く。
そして広いこと。
駅前はバスの発着とタクシー乗り場で敷地の半分を占め、
残りの半分はインターロッキングタイルが敷きつめた公園になっていた。
公園のお隣はイオンモールが建って中は新しく高級ムードたっぷり。
この日はお迎えに来てくれた友人の亀ちゃんを筆頭に
居酒屋天金にてお久しぶり会となった。
旭川市在住の亀ちゃんとは先月の箱根フェスで会ったばかりだった
が、間もなく四国松山からやってきた近江ちゃんも遅れて合流。
近江ちゃんはホントは羽田で同じ飛行機に乗るはずだったが
なぜか松山からの飛行機が遅れてしまい、
羽田で4時間も待たされて旭川着となった不運のお友だちなのだ。

カンパ~イ!を繰り返しお互いの再会を喜ぶ。
居酒屋天金はさすがに北海道、
いろいろな珍しい新鮮さが抜群のお肴がメニューにぎっしり。
「ぼたんエビはどうだい」という亀ちゃんにみんなが大きく「うんうん」。
ぼたんエビが届くとあっという間にお皿から消えてしまったが
8人のみなさん、「おいしい!」と合唱。
他に珍しいお魚なども共されて大満足の居酒屋パーチーだった。

翌9日はホテル組の3人は「旭山動物園」に行く。
残った私はホテルのまわりをゆっくりお散歩をする。
改めて駅の中へ入るとやっぱり広くて、
せせっこましい生活に慣れている私には広さにビックリ仰天する。
改札には稚内ー札幌間の特急が雨のため不通になりましたのお知らせが
BGMで繰り返し流れていた。
午後、旭山動物園組が戻ると、
「朝一番で行ったから並ばないで見られた」とはイイダコさん。
「歩いたよ。
園の中は山状になっていてそこを歩くから疲れたし腹が減った」とイリキ・ベースマン。
トシローくんは無言。
というわけで昼食へ。

10分ほど歩いて「ライオン旭川店」が予約されていて到着すると、
亀野邸組のまっちゃん、西貝、近江、亀ちゃんが待っていた。
あれ、先に生ビールを飲んでいるはずが全員静かにしていた。
何でも、「添乗員様が来てから」とくぎを刺されたのだといって大笑い。
ライオンの店員がイイダコさんを「添乗員」と発言したので
添乗員に慣れていないみんなはお笑いをしたのだろう。
以後、すべての場面で添乗員さんの出番が繰り返されることになった。
さて、昼食は北海道といえばジンギスカン。
私たち総勢でお肉とお野菜がてんこ盛りのジンギスカンに生ビールはサッポロクラシック。
食べて飲んでその絶品の美味しさにとろけてしまう。
それにしても生ビールの美味しさは格段だった。
ここでも大満足だった。

そして夜。亀ちゃんのホームグラウンドのライブハウス「グッド楽=グッドラック」に行く。
お店の中に入るとやっぱり広かった。
しかも機材もつぶよりだった。
店長の日下 功さんと面談をして亀ちゃんが私たちメンバーを紹介をする。
夜8時を回るとお客さんが集まって来てそれぞれが楽器を持っている。
まずは亀ちゃんが静かに歌い始めた。
唄ってよく練られた古いジャズがお店に流れる。いいムードだ。
やがて今夜のゲストが登場となった。

060912_IMG_7453.jpg
撮影 K.Nishigai

ポール・サイモン風の弾き語りをしてくれたのは浜田省吾に似た若者だった。
何と夢弦堂ギターを弾いている。
シングルカッタウェイのまろやかなシェープが美しい
夢弦堂製アコースティックギターを弾いて知り尽くした音が店内いっぱいに広がった。
続いて私たちバンジョーマン抜きのオージンバンドは3曲ほどで切り上げ、
今度は女性のシンガーソングライターの登場である。

060912_IMG_7463.jpg
撮影 K.Nishigai

060912_IMG_7459.jpg
撮影 K.Nishigai

ラグタイムとジャズスタイルのギターに乗せて
日本語の歌詞を唄っていくという彼女は千葉さんといった。
曲が変わって今度は私のお隣にいた女性とデュエットソングを唄うために
彼女はウクレレを持ち上げた。
おっと、ここも夢弦堂製である。
音も女性デュエットにピッタリで店内は盛り上がる。
私は思いがけない夢弦堂製の楽器が次々に登場したので興奮気味。
やがて今夜のスペシャルゲストの登場である。

060912_IMG_7466.jpg
「夢弦カルテット」 撮影 K.Nishigai

亀ちゃんがギター、さっきまで唄っていた千葉さんがウクレレ、
小平ギャザリングのサブちゃんも愛用しているウクレレベースマン(エレキ)と、
メインプレイヤーのウクレレマン吉田さんの「夢弦カルテット」が拍手に押されて登場する。
おー、ここにも夢弦堂製ウクレレではないか。
ハカランダ使用のコンサートモデルがリードパートをセンシティブに弾く。
やはりジャズだろうか、お洒落な響きがお店に漂った。
ウクレレリードを支える三人もピッタリ、静かな緊張というようなバランスが際立っていた。
ウクレレが主役というサウンドは録音ではあったが、
生で体験したのは生まれてはじめてだった。
帰りのタクシーは猛烈に飛ばした。
ホテルに着いてドライバーの顔を見ると、何とお爺ちゃんだった!ショック!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ