AX

2017-11

Latest Entries

本日1月17日は阪神淡路大震だった!リルコミだあ

寒波が日本列島を覆うように居すわり各地に雪の被害が出ているが
22年前、阪神淡路大震災に見舞われた当日だったとは忘れていた。
人間年を取ると記憶も薄れるようでダメだなあと自分を振り返り、
被災者には衷心からお見舞い申し上げる。

こんばんは。
東京に住んでいると、阪神淡路大地震の揺れは、後年の東関東大地震とは違って、
ほとんど体感がなかった。
ただ、揺れは感じなくとも大地震が起きた時間が朝5時46分だったので、
我が家は少し早いが毎日の生活が始まっていた。
偶然つけたテレビ映像によって神戸市の惨状を見て知ったが、
「エーッ、どうなってんの?」と叫ぶだけでどうすることもなく、
テレビにかじりついて見ているだけだった。
しかし、テレビを見ている一視聴者として最も強烈な感情に支配されて見たのは、
火災が起きて、それが風によってどんどん広がって行く画面を見るのがつらかった。
よく知っている神戸の町が燃えているのである。
無力感と脱力感が合わさったような複雑な感情に襲われて、
正気に戻って立ち上がるまでにかなり時間がかかったと記憶している。
ついでに書かせていただくと、あのときのテレビ中継は大地震と火事、
そして強風という災害の三点セットを見ているような気持ちになった。
火事が起きてそれが広がる様子を見るのはつらいどころの話じゃないことを
初めて知った。あれから22年も経った。
仕事もジューンアップルの出版から普通のサラリーマンに変わったため、
あれほど通った神戸市には阪神淡路大震災が起きる前、
1983年からプッツリと行っていないのでテレビ画像で見た瓦礫の山と
道路のねじれも実際は体感がなく、私の22年前は全部テレビで見た「事実」である。
この4月に東京にライブツアーでやって来る{ゴローショー」の谷五郎は、
このときラジオのパーソナリティになっていて、果敢にも震災直後の神戸に出て
毎日、生のレポートを繰り返し中継放送したという。
ラジオの生の現場という枠を超えている災害の中に、
マイクを持って飛び込んだのだった。
谷五郎が町中に飛び出るほどの度胸を持っていたとは知らなかったが、
きっと何かがパーソナリティ谷の背中を押したのだろうね。

そこから22年間経つが日本列島は揺れている。
まずは2007年の新潟中越地震があげられる。
このときは友人の行方が分からなくなり、個人的に大騒ぎをしてしまった。
不明の友人は愛車の中で奥様と母親の三人で生活していたという。
その後は何といっても東関東大震災である。
このときは東京も大揺れとなった。
私はベランダから外に出るとすぐにサッカー小僧も続き、
二人して波のように揺れている地面を見て腰を抜かしていた。
神田のギターワークショップの店主、川瀬多津夫は外に出て「ビルどうしが
ぶつかるんじゃないか心配になったほど揺れたよ」と後日、語ってくれた。
このときの大地震は津波も連れてきた。
岩手から千葉までの太平洋沿岸が津波によって大被害が出たことが記憶に新しい。

2011年3月のことだった。それから去年の熊本大地震である。
震度7が2回続けて同じ場所を揺らすという大地震史上これまでになかった熊本大地震だった。
ざっくりと思い出しただけで、こんなに繰り返されているのだ。
原発再稼働を進める安倍政権などはもってのほかである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ