AX

2017-08

Latest Entries

昨晩は銀座ロッキー出演だった!リルコミだあ

昨晩はブルーグラスの殿堂「銀座ロッキートップ」へ出演があって余裕の時間がなく
ブログをパスして曇り空の下、ギターを背負って銀座へと出かける。
その少し前、時間を見つけてきょう歌うレパートリーのチェックをする。
あんまりやらないことだが、去年病気になって寝ているころから気になっていた
「ブルーグラスを表現するときの柔らかさ」を歌や楽器のプレイから見つけるためである。
結果、自分の歌い方の悪い面に気付いて大きく迷ってしまった。
初めはドライブだけがブルーグラスの醍醐味だろうと思って長くやって来たが、
予想したとおりに、今晩私が唄おうとする曲目のほとんどが柔らかくて
歌い手の感情の起伏が深いものだった。
やっぱりプロだと思った。これはいかん。ユーチューブに向かって、「エーッ」と絶句。
強烈なうねりのインストも、グルーブ感だけではない実に巧みな柔らかさがあって
見事に表現されていたのだった。
気が付くのが遅すぎたぞ。
そのような考えが頭の中に充満させて電車に乗り、
地下鉄に乗り替えててロッキーに到着。
午後6時前のお店はガランとして料理を作るバイト以外は無人。
尚もブルーグラス的柔らかい表現が頭に浮かんだがメンバーが集まり始めると
きれいに忘れてしまって元の木阿弥。
本日はオー!ジンバンドのソロだったのでお客様の入りが気になる。
1セットのスタート前に突然、ミキサーを取り換えるという。
「ガリガリ音がひどくて」とはマスター。
ひょいひょいと担当のK籐くんが取り換えを澄まして「どうぞ」と。客席にはお仲間が三人。
S沼さん、レンちゃん、N貝さん、そこに正体不明のオジサンが二人、
それから外国人が男女三名がいた。
ミキサーのことが心配になったが構わずスタート。

1曲目はビルモンのインストで「Panhandle Country」。
ケニー・ベイカーのフィドルが美声を響かせる名曲を
今宵はイイダコのマンドリンリードでやる。
かなり珍しいパターンではあるが美しければ問題はない。
2曲目は「ダイナおばさん」。
その昔、ワシントンDCに活動拠点を置いたカントリー・ジェントルメンが
取り上げたこれも隠れた名曲。
先月、小平では「千日前ブルーグラスアルバムバンド」が10周年の記念ライブを行ったが、
隠れた名曲、彼らが目指すはアルバムの裏面(B面)からの名曲を探し取り上げて
レパートリーにするというのがバンドポリシーだが、
ダイナおばさんなどはその典型である。
彼らの手にかかる前にやってしまおうというのだったが、
実は少し前、お正月に行われた「小平コンサート」のフィナーレで取り上げられて
大受けした曲だった。
そして選んでくれたのがネッシーの本間さん。
というわけで、少ない練習だったが昔の個人の記憶が助けてくれた
薄氷の思いの曲だった。

2セット目には若い外国人のカップルが残って、「春日部に住んでいる」
と日本語が流ちょうなクレイグさんが帰った。
トップソングはスクラッグスのインストで「ホームスイートホーム」。
このインストはギッチョのスタンダードになりつつある名曲である。
どうやら2セット目になってバンドが落ち着いたようである。
「Why Don’t You Tell Me So」と「Dim Lghits, Sick Smok」を歌った。
外人が真剣に見ている前では何だか落ち着かない。
見ていたカップルのうち男の方が「ブルーグラスが好き」だというので、
こうなったらステージに引っ張り上げてやってもらおうということになり、
ギターを弾きたいというので私がメンバーチェンジして彼、マッコーリーくんが始めた。
出る前に小声で、「デル・マッコーリって知ってる?」と聞くと、「イエー!」と親指を立てた。
彼がプレイする間私は残った彼女の隣へ座ってちょっとだけ会話をした。
「私たちサンフランシスコから来たの。ゴールデンゲートパークの「ハー
ドリー・ストリクトリー・ブルーグラス・フェスティバルで出会ったの」といったので、
「あそこには三年前、私も行ったぞ。
お仲間たちと」と私と彼女で喜びを爆発。
ステージでは彼がトシローが唄う「Little White Washe Chimney」の間奏を弾いていた。
とても柔らかいギターさばきである。

3セット目に入る前、PAが直ってご機嫌なマスターが突然、「歌いたい」と言い出した。
3セット目となり、帰る人は帰ったお店の中はブルーグラス狂しか残っていない空間となった。
トップソングは「フェアウエルブルース」である。
これもスクラッぐスが残した粋でお洒落なインスト曲。
ギッチョががんばって弾き拍手をいただく。
私は、「Baby Girl」と「Ashe of Love」を歌い終わってマッコーリくんとチェンジ。
彼はここでは「Nine Pound Hammer」を歌った。
やはり柔らかくてメロディは正確で乗りも悪くない。
これだからアメリカは広い。
「今晩は秋葉原のホテルに泊まるの。2週間のお休みで日本に来たけれど、
彼は明日もここに来るのかも」と彼女は笑顔で語った。
彼女はカメラマンだと言った。ニコン800とかの大きなカメラを抱えていた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ