AX

2017-07

Latest Entries

幻の「イッツア・クライングタイム」が東京ツアーで大復活!リルコミだあ

ここのところのお天気は概ね晴れてきょうも暖かくてとてもいい天気だった。
こんばんは。
先週末の5日(金)と6日(土)は神戸からの「イッツア・クライングタイム」という幻のブル
ーグラスバンドの初ライブが行われた。
幻が現実に戻れたのは、東京在住のサトンパスさんの復元力によるもので、
放っておくと幻のまま消えてなくなりそうなかつての
アメリカツアーバンドが大復活の原動力となってくれた。
しかも「東京ツアー」というお土産までつけてのカムバックだった。
そして最も感謝したいのは、、各人の健康があったからである。

さて5日は、小平市中央公民館の視聴覚室で行われた「小平ライブ」だった。
東京ツアーには、月間ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」誌
編集長渡辺三郎&由利子ご夫妻がツインフィドルで特別ゲストとして登場した。
クライングタイムは、かつて黄金のブルーグラスそのままの
モンローやチャーリー・モンローなどの草創期のレパートリーを核に
50年代から60年代に広がりを見せていた「ブルーグラス」を散りばめて
ご披露していただいた。
私的に感想を言わせていただくと、ご披露いただいた彼らのレパートリーは全て
が貴重なもので、その曲を味わい深く再現していただいたことに大感謝を申し上げたい。
この日私の予想を越えて集まった80人近いお客さんも全員、私同様の気持ちだったと
想像する。
一方の演奏者は、幻から現実に戻ったらいきなり東京公演だったという
ハンデから来る疲労感は相当のものだっただろうと思った。
小平のお客さまとクライングタイムのがんばりに心から感謝を申し上げる。
また、本番が終わったあとの余った時間に、サブ氏と、
今回突然お客さんとして現れた元ナターシャセブンの「城田純二」を加えて、
三者会談がこれもハプニングで行われて、ブルーグラス、アイリッシュなどの
トークをさせていただいた。
よろず音楽談義を三人三様で語ったが、余分な時間があったので
ハプニング的三者会談だった。

170508001.jpg

170508002.jpg

170508006.jpg

翌日も晴天となって私は午後1時少し前にロッキーに着く。
店内へ入ろうと模索するが鍵が見つからず結局、
午後1時過ぎに来たバイトくんによって開けられたお店に、
藤井ベースマンと同時に入店した。
藤井ベースマンは国立の娘さん宅に一泊して銀座にやって来たので、
浅草見物としゃれこんだ残りのご一行様たちとは別行動だったのである。
浅草見物のご一行様は40分並んでウワサの洋食屋さんで美味しい
食事をされたという。
お話を聞くと、どうやら思い出の浅草体験となったらしい。
さて、この日はロッキートップとしてはかなり早い開店午後2時30分だったが、
演奏タイムは午後3時からスタートした。
お客様は濃いブルーグラッサーで統一されて、中でもネッシーエクスペディションと
ブルーサイドオブロンサムはバンドメンバー全員で参加という素晴らしい行動だった。
この日集まってくれたみなさんと共に感謝したい。
この日は50人ほどの入場だったが、ほぼお互いに顔が割れたどうしで、
熱気を含めて店内はまさにブルーグラス天国のような場となっていた。
だから、クライングタイムの「本格ブルーグラス」を待ってやって来てくれた
「ブルーグラッサー」だといえる。
ここでもサブ&由利子のツインフィドルをフィーチュアして盛り上がったが、
ベストに盛り上がったのはやはり愛江ちゃんのベストなリードボーカルだった。
あの素晴らしい力強いボーカルを聞かされると、いつもハートが熱くなって動けなくなる。

クライングタイム、ここでは3ステージをこなした。
バンジョーマン清水さんは全部終わったあと、
お店の外に出て来ると体から湯気が立ち昇っていた。
そんな疲労感を物ともしないで清水さんは、「お客さんは楽しんでくれたやろか」と聞
いてきた。
「十分楽しみました」とみなさんを代表して私が答える。
私は久しぶりの「ブルーグラス体験」が出来て心から満足したが、
改めて山口、清水、大西のトリオコーラスに聞き惚れたのだった。
伝説の所以だろうと思った。
そして、「イッツア・クライングタイム」のがんばりに大感謝を申し上げる。

170508005.jpg

170508004.jpg

170508003.jpg

17050911.jpg

17050912.jpg


尚、今回のゲストで大人気を実証したサブ氏は、東京に残り、
5/15日(月)ロッキートップファミリーライブに備えるのだという。
予約は03-3571-1955ロッキートップまで。
是非、行きましょう。

写真撮影:荻原直美

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ