AX

2017-09

Latest Entries

クライングタイム生禄CDが届いた!リルコミだあ

昨日に比べてお天気が雲りとなって
気温も少し下がったかなと感じた小平からこんばんは。

先週のクライングタイム東京ツアーのマネージャーとしていろいろ働かせてもらったが、
どうやらオーバーワークだったらしく、頭も体も疲労感が溜まって
、8日と連休してしまった。
まあ、古希となってはしかたがないか。
でもって、本日からお仕事が再開したが、連休明けのお仕事は「やり直し」だった。
やり直しといっても全部ではなくて一部のフローリングワックスをやり変えたのだった。
これも連休の最中4日に施工したもので、翌日、
小平にクライングタイムがやって来ることがプレッシャーになって、
手元が狂ったに違いない。
大きなミスでなくてよかったのだ。
直しは簡単に終わって、請負先の不動産店に「直し終了」を告げると
きょうの予定は全部終わる。
ヒマしていると、夕方サトンパスさんからCDが送られてきた。
おっと思ったら、やっぱり5日6日のクライングタイムの生録音だった。
さっそく聞いてみる。
5日の小平は事前の予想では硬くなるだろうだったが、意外にもリラックスムードだった。
CDを聞くと、改めて清水、山口、大西のコーラスがよく、やはり伝説の技なのだと理解する。
6日のCDの白眉は愛江ちゃんが「Blue Kentucky Girl」の歌詞が頭から出て来ず、
ほとんどを無言で終始したことだった。
彼女にもこのようなことが起きるのだと思って、慌てている彼女を見て
こっちは腹を抱えて笑ったのだった。
ザッツハプニングだった。
かわりにもう1曲追加された「Kentucky Waltz」は猛烈によかった。
彼女が本気になると迫力、深さ、上手さなどが段違いとなる。
kentucky Waltzは前に歌って失敗したことへの倍返しのように凄いボーカルだった。
このときクライングタイムはバッキングに徹していたが、
笑える場面では全員、大笑いをしていた。
ロッキートップには東京のブルーグラスバンドリーダーたちがそろって大賑わいだった。
神戸のレジェンドたちをお迎えをする雰囲気が充満した最高の3ステージだった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ