AX

2017-09

Latest Entries

「ブルーグラス45」が今年でバンド結成50周年!リルコミだあ

連日の猛暑だったがきょうはリフォーム現場で普通のサッシの
掃き出し窓が何とダブルになっていた。
白いサッシ枠に通常はたがい違いのガラスが二枚で終わりだが、
今日の現場にはもう二枚のガラスが収まっていた。
寒さ対策だろうが珍しいことである。
このサッシガラスがもう一ケ所あったので、8枚の表裏のガラス清掃に加えて
網戸が2枚、雨戸が4枚あったので、たっぷり午前中、猛暑の日差しを受けて作業をした。
お風呂の点検にやって来た棟梁が、「一服をしてから続けろ」というので時計を見ると、
午前10時をまわっていた。
真夏の作業は一服を繰り返し取って進めるのが絶対条件だが、夢中にな
る余りこれを忘れるのだ。
このようなとき、棟梁が各現場を回って「一服を取れ」といってくれるのは
とてもありがたい。
何しろ去年は熱中症にかかってしまい1年近く闘病したのだ。

こんばんは。
日本を代表するブルーグラスバンドといえば、「ブルーグラス45」で決まりだが、
その通称45が今年でバンド結成50周年だという。
45となるとスケールが違って、本場アメリカでも結成50年!の話題が大きいという。
宝塚のBOMサービスがその模様をメールで伝えてくれた。以下はメールの公開である。

ブルーグラス・アンリミテッド7月号で、
今年結成50年を迎えるブルーグラス45紹介されました
 
●BU-17/07 2017年7月号 \1,080-

米国最大のブルーグラス月刊専門誌、ブルーグラス・アンリミテッド7月号で、
今年結成50年を迎えるブルーグラス45紹介されました。

 スタンレーブラザーズの評伝『Music of Stanley Brothers』(BOOK-53\5,940-)の
著者である「ゲイリー・リード」によって、神戸ロスト・シティを中心としたバンド結成から
デビュー作『Run Mountain』発表、レベル社のディック・フリーランドの招きで
米国ツアーとレコーディングの様子、
その後のメンバーの現在に至るまでの来し方を5頁に亘って特集。

 日本のブルーグラスの歴史とニューグラス・ムーブメントの草創期を知るのに興味深い内容。

 その他、カバーはイースト・テネシーをベースに1994年結成以来フルタイムで活動する
ブルーハイウェイ、鈴木メソッドでバイオリンを始めてブルーグラスの世界へ、
いんすとらくたーとしても活躍するアニー・サベージ、
ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのトレイシー・シュワルツ、
老舗弦メーカーブラック・ダイアモンド他。

アメリカもさることながら日本でも各地でツアーが計画されている。
詳細はいまだ少々の時間がかかる
様子だが、いましばらくお待ちいただきたい。それにしても50年!とはおめでたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ