AX

2017-10

Latest Entries

稲田防衛大臣辞任する!リルコミだあ

きょうは曇ったり晴れたりのお天気だったが、お日様が顔を出すとさすがに暑くて日差しから
逃げたくなる。こんなとき、曇って日差しを遮ってくれると俄然しのぎやすくなって快調だった。
こんばんは。昨日、稲田朋美防衛大臣が辞めないなあと書いたが、昨晩辞任を決意して今
日の午前、記者会見を開き、南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題に関する特別防衛観察
の結果を公表した。そして辞意を安倍首相に伝え、首相も了承した。辞任理由は日報問題
をめぐる「特別防衛観察」で、防衛相と自衛隊のによる組織的関与が認められたので、その
責任を取るというものだったが、ホント分かりにくい。私は稲田防衛相が、隊列を組んでいる
自衛官の前を単独で行進をしている姿をテレビで見たとき、これが防衛大臣か!と驚いてし
まった。行進そのものがよくないというものではないが、髪は歩くたびに後ろで揺れて眼鏡も
かけていた。表情は何かウキウキしているようで自衛官というイメージからは遠く、アイドルが
場所を間違えて歩いているように感じた。声も特別大きかったとは思えないし、背も高くはな
い。自衛隊を統括するボスとは程遠いおばさんだったが、彼女を防衛大臣に任命した安倍
首相は違った。彼女が、防衛大臣という椅子が揺らぐような失言を数回繰り返しても首相は
彼女を擁護。それがここに来て、特別防衛観察の発表があった日にあっさりと辞任した。安
倍首相もあれほど擁護していたのにあっさり辞意を了承したという。こんなのありかよと思っ
た人は私を含めてたくさんいるんじゃないか。想像するに、稲田防衛大臣が辞めるあらゆる
タイミングをみて、きょう28日が最も辞任しやすい日だと計算をしていたに違いない。日報
の問題だって彼女がウソをつき通したのだろう。そこを責められない野党がだらしないとテレ
ビはいうが、ウソをつくなどとは大臣というイメージからは想像できないので、野党だって攻め
切れないのだ。稲田朋美という人間はかなりのしたたかさを持っていて、それを知ってか知ら
ずかお坊ちゃま君の安倍首相が乗せられて大臣にまでしちゃったのだというのが私の結論
である。内外で何も起きなかったり、巻き込まれなかったから本日の辞任でよかったのだとも
考えられる。自衛隊&防衛相にとって稲田朋美という人間は疫病神だったのだろう。出て行
ってくれてよかったのだ。しかし、野党からの追及に逃げられたとほくそ笑んでいたら、この
女の罪は深い。やがて選挙がやって来る。どこが選挙地盤なのかは勉強不足で不明だが、
まさか選ばれるとは思わないけれど果たして・・・。


先日、ロッキートップでデッドマンのライブに渡辺三郎氏が居られたのはこれが理由でした。
以下はご丁寧に明日のNHKFMラジオ「ピーター・バラカンのウィークエンドサンシャ
イン」の録音模様というか番組の中身を公表してくれたもの。
ゲストトークをしたサブさんの粋なおはからいである。以下はメールの公開です。

shameless selfish promotion.....
 夏真っ盛り……、のはずですが、何故かハッキリしない中、お知らせ二点です。これ
まで個人的にご縁のあった方にbccにてお送りしています。今後このようなお知らせが
不要な方は、お手数ですがお知らせください。

その一、
 ムーンシャイナー7~8月号でも特集しているように、90年前のちょうど今頃、7月
25日から8月5日にかけて、そののちのアメリカ音楽に大きな影響を及ぼす一連の録音
、世にいう「ブリストルセッション」が、ブルーリッジとクリンチ山脈に囲まれたバー
ジニアとテネシー州境の街で、行われました。カーターファミリーとジミー・ロジャー
ズを発掘したことでも知られます。
 そんな歴史的なセッションの特集番組が明日の7月29日、NHK-FMの午前7時20分~ 午
前9時00分、ピーター・バラカンの「ウィークエンドサンシャイン」で全国放送され、
わたしがゲストで出ます。ただし音楽は古いもんばっかですが……、NHKでオールドタ
イムって、ええんちゃう? アーリーバードな皆さん、お暇がおありでしたら聴いてく
ださい!

その二、
 来週木曜日(8月3日)から日曜日(8月6日)まで、46年目の宝塚ブルーグラスフ
ェスが開催されます。今年からはわたしの健康上の問題もあり(見た目は元気だよ!!)
、これまでもステージ進行などは任せていた秋元 慎が中心となって運営されます。45
年もやれば、十分だよね……!? といっても、他人のフェスのように楽しむという訳に
もいかないようだけど。
 今年も全国から120バンドが集まってくれ、木曜の前夜祭(飛び入り参加大歓迎の超
ゆるーい前夜祭です!)、金曜お昼1時半からのサブさんのワークショップからスター
ターズジャム、そして18時から深夜までのコンサート、土曜日は午前8時50分から深夜
25時10分まで、日曜日は午前8時半からお昼頃まで……ただただブルーグラス一色のお
山です。
http://www.bomserv.com/TBF/summer/tbf46A.html
 山の霊気に包まれて聴く/弾くブルーグラスはサイコー!! ぜひご参加ください!!
sab


34年目の月刊ブルーグラス専門誌「ムーンシャイナー」は毎月1日発行です。話題提供
や定期購読を、ぜひよろしく!!
●ムーンシャイナー、http://www.bomserv.com/MoonShiner
●サブさんのブログ
http://fiddleandbanjo.way-nifty.com/
井上(渡辺)三郎
●サブさんのワークショップジャム
youtube moonshiner jam にて検索
●address
Kawamo 5-15-31-203, Takarazuka 665-0842 Japan
〒665-0842 宝塚市川面 5-15-31-203
phone 0797-85-8384
Mail

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ