FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

江戸のなごり下町の曵き売り屋さんのリルコミだよ

きのうとは違って曇って少し寒いくらいの
本日の小平地方でした。
私の住んでる団地には毎週金曜日に
たまご売りが来るのですが、ちょうどいま、
「たまごや~たまご」
とトラックのスピーカーからアナウンスが
流れています。我家では買わないようだが、
杖をついたおばあちゃんや、よろよろと
歩くおじいちゃんなどが入れ物をもって、
買いに行ってるのが見えます。
曵き売りに来るのはこのたまごやだけなの
で、トラックの荷台の冷蔵庫にはたまご
以外のかまぼことか色々な老人向け食品が
並べられています。何だか下町風ですが
こういうのって私は好きです。
こんばんは。

以前、ジューンアップルを編集してたころ、
浅草千束通りといって、もろ下町の商店街
がありました。もちろんいまでも商店街は
残っておりますが、そこの中に「中島食堂」
という定食屋さんがありました。
昼食から営業するお店で、夜になるとお酒
や生ビールを飲ませるので、近所の酒好き
のお父さんたちが集って、ほぼ毎日満員に
なっているのでした。
私はこの庶民的としかいいようのないお店
が好きで、昼食も夜のビール一杯もよく通
わせていただきましたが、お昼過ぎに行く
と「豆腐や」さんをはじめ、「金魚や」、
かつぎ屋さんのおばちゃちゃんなどが、ひ
っきりなしにやって来て、それぞれがお店
の中で口上をいうのです。金魚やさんも肩
にかついだまま、お店に半分くらい入って
「え、金魚やでござい」なんていうのです。
私はカツ丼定食を食べながら、さすがに
下町だなあと、その光景に見とれていまし
た。

そのお店、中島食堂は家族全員でやってい
て、厨房にはお父さんとおじいさんが入り、
お店の中はお母さんと10代の二人の娘が
きりもりをしていました。
曵き売りやさんなどが来ると、お母さんが
いってに引受けて、ぽんぽんよく回る下町
言葉で受け答えていたのが、もう30年も
経つのに、きのうのように思い出します。
このお店には私に誘われて、ブルーグラス
のお友だちのほとんどが行っています。
同じ商店街に「末っ子」という餃子の美味
しい中華料理屋がありましたが、こちらは
夜中のコースと決まっていて、大体タイム
トンネルの営業が終わってからの2時3時
に末っ子に集ってました。
だから千束通り商店街には二軒のよく行く
お店、お馴染みのお店がありました。
去年だったか、フィドラーの祇園さんが、
「あの懐かしい末っ子に行った」
というのです。谷中在住の須貝重太さんが
新しい末っ子を探し当てて、バンドのみん
なを連れて行ったというのです。
それで中島食堂ですが、私に連れられて最
も通った人といえば、シバケンさんと、近
ごろは冬眠状態で姿を現さない黒川晴夫さ
んの二人が双璧だった。

彼らは安く飲めるからというよりも、
そこのお店の二人の娘のうち、19才にな
る長女と私のやり取りを見るのがおもしろ
くて、「中島食堂へ行こうよ」と決めて通
っていた。やりとりといっても、料理を注
文し終わってそれがテーブルに運ばれて来
ると、必ず私だけが盛りがよくて、しかも
特別な気持ちが込められているように見え
ると、彼らはいった。。それは明らかだ、
といつか黒川さんが冗談混じりにお店の中
でいうと、その長女はポッと頬を赤らめて
否定をしなかったのだった。「それ見ろ!」
当たったゾという。黒川さんは酔いも飛ん
だように饒舌になってまくしたてた。
もちろんそばにいるシバケンさんも、やん
やの拍手状態で大乗りであった。
それを見ていたお店のお母さんも乗りはじ
めて、私と長女をはやしたてる。お母さん
はすでに目を赤くして、酔っていた。
彼女が卵焼きを運んで来た。私にという。
また黒川さんが大きな声を出した。聞けば
お母さんからのプレゼントだと恥ずかしそ
うに彼女は言った。

そこまで来ると、お互い何も意識しなかっ
たのに、恋を無理矢理押し付けられてしま
った純情可憐な男と女って雰囲気が出来上
がって、お店の中でえらい恥ずかしいめに
あった。決定的だったのはお母さんの卵焼
きだったが、私も彼女もその場ではなにも
応えられなかったようだ。
それからは「中島食堂はおもしろい」とい
うことになって、中西さんとかギッチョと
か友だちの輪が拡大されて、飲みに通った。
その長女は三社のお祭りで、木遣りを歌っ
ていて、ある日私が昼食を食べに行ったと
き、職業を聞かれて「音楽」といったら、
「私も木遣り」といってはしゃいだので、
それで友だちになったようだった。
あとで彼女とお話したら、私をはじめてお
店の中で見たとき、「吉原に来た人」だと
思ったと言った。無理もない。超有名な吉
原は千束通り商店街の裏なのだ。
どうやら助平な顏してたんだろうな。

ジューンアップルがあった浅草をはじめと
した入谷、竜泉などにおける色々な人々の
人間模様は、これから折に触れて書いてみ
たいと考えております。
きょうは中島食堂という最高の思い出の場
を書きましたが、ここは再度いろんな形で
登場するだろうと思っている。





















コメント

中島食堂の女将は絶対にアル中だったよね。
あと、ハワイのオアフ島にも末っ子がありました。
浅草の末っ子とは違うと思っておりましたが、
実は分家でした。
さすがに味は結構いけましたよ。
その後すぐにつぶれちゃったようだけど。

わちきは中島食堂には行った記憶がない。
サブ達と1~2回連れて行ってもらったかもだけど、記憶にないのです。
千束通り商店街の末っ子は今も時々行くが、昔は餃子以外はまずくて食えたモノではなかったのに今は何食ってもイケるのですヨ、これが!!

ポチの教えてくれた、元・末っ子の勘定場にいたオヤジがやっている<銀次>と言う中華屋も行ったけど、昔ながらの激ウマ味の正真正銘の末っ子餃子は変わらないモノの、その他の野菜炒めなどはこれまた正真正銘の末っ子味で昔のママの激マズでしたヨ!(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/323-234d87d7

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ