AX

2017-10

Latest Entries

グレン・キャンベル8/8日に死す。81才!リルコミだあ

きょうの猛暑は台風のせいだとテレビはいったが、まったくその通りで、
暑くて蒸し風呂状態だった。
昼すぎにバラバラと雨が降ったが30分くらいでやんで、あとは台風5号が連れて来たという
猛暑が湿気たっぷりな空気を蒸し風呂にした。
毎年、このような蒸し風呂状態は二三日もたいけんするだろうか。
だとしたらあと何日?か。否、何日我慢したらいいのか。

こんばんは。
ショービジネスのスーパースター、「グレン・キャンベル」が8日亡くなった。
享年81才。 合掌。
出世作はもちろん、ジョン・ハートフォード作の
「ジェントル・オン・マイ・マインド」(1967年)だが、他にスタジオ録音盤(LP)だけで
60枚というから、その上、いろいろな企画アルバムも数十枚あるので、
このレコードの枚数というか量といえばいいのか、この部分だけでも彼がいかに
モンスター歌手だったかうかがい知れる。
ウィキペディアを見ると、カントリー歌手、ギター奏者、テレビ司会者、俳優などの経歴があった。
ヒット曲もジェントル・オン・マイ・マインドを始め、ウィチタ・ラインマン、
ラインストーン・カウボーイ、恋はフェニックスなどが数えられる。
グレンはカントリー歌手として分類されてレコードやCDが販売されているが、
これってホントにカントリーなの?と、レコード会社に質問が殺到したという。
これについては私もまったく同感である。
グレンのデビューは意外にもブルーグラスアルバムだった!
「グリーン・リバー・ボーイズ」というバンド名で、1962年に
Big Bluegrass Special のタイトルでデビューを飾っている。
しかし、アルバムは売れず、ロスアンジェルスでスタジオミュージシャンとして働いていたという。
このときの同僚にジョン・ハートフォードがいて、アルバム録音のため新曲を探していた
グレンにジョンが、このときジェントル~を使ってもいいと許可を出したことが
スーパースター、グレン・キャンベルが生まれた元だと伝説となっている。
想像だが、ジョン・ハートフォードはニューヨーク出身とはいえバンジョーマンである。
お互いにブルーグラスが好きなことからきっと交流していたと信じる。
写真のデビューアルバムはまだアマゾンで販売されていたのには驚いたが、
いつだったか忘れたが、このアルバムを入手した友人を説得して
コピー盤をお願いして作ったことを思い出して本日探したが、見つからなかった。
どこかに紛れているに違いないが、他のコピー盤は出て来たのに本命は行方不明だった。
しかし、1962年に発売されたLPアルバムが現実に販売されていることを知ったとき、
偉大なシンガーは未だにデビュー盤も売れているのかと改めて知った。

170809gc.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ