FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

ディキシー・チックスの新作を聞いたのリルコミで~す

連日の晴れだったのが夕方のいまは
厚い雲におおわれて、明日の雨ふりが
決まったような予感をさせる小平から
こんばんは。

BOMから届いたディキシー・チック
スの新譜「TAKING THE LONG WAY」を
聞きました。前作は「TOP OF THE
WORLD TOUR」といって03年に発売さ
れた文字通りのライブ盤でしたので、
新作アルバムとなると02年の話題作
「HOME」以来となります。あしかけ4
年ぶりとなったこのアルバムは、何よ
りも二年に近い子育て休暇を経ても、
音楽的自信と充実ぶりは全く揺るぎの
ないようです。この新作では全曲、彼
女たち三人の共作で、詩も曲も書くの
かと驚きました。これまでは「トラべ
リン・ソルジャー」はエイミーの旦那
?が書いたりと、曲作りの環境はあり
ましたが、収めた14曲全部彼女たち
が書いたとなれば新境地なわけで、や
はり驚きます。



サウンド的にはバンジョーを効果的に
フィーチュアーして、彼女たちのアイ
デンテティーを強調してアピールして
いるが、大成功を取った2枚目の「FLY」
のようなフィドルとペニーホイッスル
のデュオから入ったような超強力なス
トレートさは影をひそめている。反対
にシンプルなリードボーカルを常にメ
インにして、コーラスは細かく複雑に
していて、売れているロックアルバム
のバランスのようだ。彼女たちの持ち
味である楽器のプレイは、エイミーの
バンジョーの絡みはいつもと変わらな
いが、マーティーのフィドルは他の楽
器の中に埋もれて、これまでの三枚の
アルバムとはいささか違うアレンジだ
った。シンプルに歌詞をアピールして、
彼女たちが言っている「ナッシュビル
のカントリー・ソングは色恋だらけで
好きじゃない」を実践していこうとい
う現れなのだろうか。ロックビートに
乗ったストリングスのアレンジで盛り
上げるところなんか、若いニール・ヤ
ングを思い出した。

三曲目の「NOT READY TO MAKE NICE」
は、メッセージ・ソングとして強力な
曲に出来ている。思い出すのはアルバ
ム「HOME」に収められた「トラベリン
・ソルジャー」がシングルカットされ
て大ヒットの直前に、イギリスのコン
サートでブッシュ大統領を批判したた
め、ブッシュに近いアメリカの160
0以上のラジオ局が一斉に反発をして、
トラべリン・ソルジャーのヒットを阻
止した。たぶん彼女たちは、このとき
の苦い体験をどこかで歌にして、ヒッ
トさせたら痛快にちがいないと考えて
いると思えるが、それがバネとなって
この新アルバムが誕生したのだろうか。
ともかくアルバム全体を通して社会的
なメッセージが込められている。
そういう意味で、彼女たちは少し変化
しました。私は彼女たちがデビュー以
来の大ファンです。何を歌っても許し
ちゃうもんね。
ツアーで日本に来ないかなあ。

それにしてもここに参加してるミュー
ジシャン一人ひとりが、超強力で、凄
いリズムで圧倒されます。世の中広い
よね。こういうリズムを絞ったり緩め
たり出来る曲作りは、絶対に日本では
出来ません。












コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/333-1359cea7

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ