2018-07

Latest Entries

顔半分がしびれて一日中家でごろ寝だった!リルコミだあ

きょうは体調がいまいちで一日家にいてユーチューブとCDで音楽三昧だったが、
20℃を越えた外とは違い家の中はセーターが要るほど冷えていた。そう、団地
はコンクリートが一旦冷えたらなかなか暖まらず、外から戻った妻も最後には長
袖姿になっていた。こんばんは。私の体調は左側半半身というよりも、顔の半分
が強くしびれてときどき痛みを感じたので、こういう場合はおとなしくしていた方が
自分で安心できるので家にいて静かにしている。入院していたときも顔半分にし
びれが強くあったときは医者に、「静かにしていると収まる」と言われていた。夕
方の今、顔半分のしびれは朝が10とすれば半分くらいにまでおさまっている。こ
んなときは「調子よくてもやっぱり病人だ」と自覚するが、このような事態は退院
後二回目である。しかし、このしびれが体の他の部分に感じるかというと、きょう
一日寝転がっていたがどこにもしびれや痛みがなかったので少し安心している。
さて、近ごろの音楽趣味は古い音源に深く感動を覚えるケースが多い。古いとい
っても私の場合は、1920年代以降のソロだったりバンドの音に共感している。
ソロではクラレンス・アシュレーに、バンドではカーター・ファミリーにはまっている。
これは入院中、奥 和宏著「AMERICAN ROOTS MUSIC」を隅々まで読みふけった
影響によるものだが、その中に、「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュー
ジック」という歴史的名盤の記述があって、そこを繰り返し読むと是非聞きたくな
った。このアンソロジー~は退院後、早速1万円弱も支払って購入。毎日少しづ
つ、病気にならないように注意しながら聞いている。クラレンス・アシュレーもカー
ター・ファミリーもこの中に収められている曲だが、このCD3枚組はトータルで
84曲!が収録されているが、どの曲も恐ろしくクリアーな音で、これだけでなる
ほど凄い情熱家だなあと改めて感心した。その情熱家はハリー・スミス。たぶん
アメリカ人だろうが、辛抱強さと誰にも負けない情熱が84曲ものオールドタイム
音源をまとめられたのだろう。私の記憶だと、たしかビートルズがアメリカに初め
て上陸したときにジョン・レノンが、殺到する記者団に「ハリー・スミスって知って
るかい?」と逆に質問したという。ジョンはこのアンソロジー ~を探していたのか
も知れない。そのぐらいミュージシャンにはインパクトのあったレコードといえる。
カーター・ファミリーは1927年のブリストル録音でジミー・ロジャースと出会って
共に録音を残しているが、そのときのWhy There’s A Tear in My Eye もいいね。
サラとジミーのデュエットというだけで聞く前から興奮する。(これはこのアンソロ
ジーには収録されていない)

コメント

ゆっくりのんびりの歩みを続けて!

仁さんのブログを読んでいますと、なかなか思うようにならない体の調子に合わせながらも、ご自身の関心のままに歩みを続けていらっしゃるように思えます。無理せずゆっくりのんびり過ごしてくださいね。入院中、奥和宏さんの著作を熟読されたとのことですので一言。我が家から徒歩10分ほどのところに武蔵小山のライブ・カフェ「アゲイン」があります。有名なお店で、小生も岸本一遥さんのエレキギターと歌のライブに参加したことがあります。岸本さんは毎月BYOF(Bring Your Own Fiddle)の会を開いています。オーナーの石川氏のお誘いもあったのか、奥さんが昨年秋からここで「楽器は語る…Talk about Roots Music」というすてきなイベントを開催しています。昨年9月第1回はバンジョーで原さとしさんがゲストとして登場しました。10月第2回はギターで中村まりさん、今年3月はドブロで小島慎司さんがゲストでした。次回はペダル・スティールギターとのことです。演奏者と奥さんのトークも興味深く、毎回満席の盛況ぶりです。いずれは仁さんにもおいでいただければ奥さんも大変喜ばれると思います。そんな奥さんの本をとおしてすばらしいCDを聴き込んでいらっしゃったのですね。昨年12月、仁さんにおいでいただいた明大でのレクチャー&コンサートで小生はクラレンス・トム・アシュレー、ドグ・ワトソン、ジーン・リッチーらが歌う「アメージング・グレース」を紹介し、クラレンス・アシュレーや「アンソロジー・オブ・アメリカン・フォーク・ミュージック」についても言及しました。生涯どれほどの量のブルーグラスやオールドタイムミュージックの音源や生演奏をたっぷり聴いてきたか想像できない仁さんほどの方が、原点に戻って「学び直し」をしている姿に感動を覚えます。小生も仁さんの歩みに寄り添って「聴き直し」をしてみます。そうそう奥和宏さんも、仁さんが4月10日のブログで紹介していらっしゃったハンク・サポズニックのクレズマー音楽についての講演と演奏の会に参加されたとのことでした。どうかどうか大事なお体をいたわってあげてくださいね。ゆっくりのんびりが一番の治療です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ

--------------------

NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ