FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

「聴かずに死ねるか!」麻田 浩・奥 和宏 共著間もなく発売!リルコミだあ

今日も寒かった。寒さが顔や手に刺さるような風が吹いて歩くのもしんどいくらい
だった。まあ、いまが寒さのピークかも知れないがここはこけないように注意しな
いといけない。万一、転んで手足の骨を折ったら大変なことになる。
こんばんは。
先日の小平コンサートに現れてハガキ大のチラシを配布していた麻田さん。何の
チラシかというと、今月に上梓となる自著「聴かずに死ねるか!」というタイトルが
生々しい本の宣伝に来ていたのだ。早速舞台にも登場して小さなチラシを手にし
て精一杯振ってお客さんにアピールしていた。私が麻田さんと出会ったのは、彼
がマイク・シーガー&アリス・ジェラルドの来日コンサートでMCをしていたときだっ
た。そのとき麻田さんと会話をしたかというとそうではなく、6、7年後になって、彼
がトムスキャビン・プロダクションなる呼び屋さんを立ち上げて、いよいよ最初の
アーティストを呼んで来日コンサートをやろう!と決意したとき、私に電話がかか
り、銀座の和光の奥の方にあった喫茶店で会ったのが初めての出会いだった。
そのとき、「リチャード・グリーン、ビル・キース、デビッド・グリスマン、トニー・ライ
ス他を呼んで来日コンサートを開くので協力してほしい」と言われて、ビックリ仰
天したのが最初の会話だったと記憶している。「えー、こんな人もいるんだ!」と
麻田さんの話を聞いて最初に受けた印象だったが、もちろん発言はしていない。
1975年だったと思うが明確ではない。確か翌年、東京でコンサートは行われ、
大成功だったと記憶している。このとき、デビッド・グリスマン・クインテットの初
演はレコード発売前というときだったが最高に受けた。当のデビッドもこの大受
けに驚いていたが、雑誌のインタビューには「(大ヒットを)計算をしていた」など
と答えていた。私もドーグというDGQの摩訶不思議な8ビートミュージックの持つ
底知れない魅力に参っていた。このブルーグラスミュージシャンを皮切りに麻田
さんは次々にアーティストを呼び続けて今日に至っている。この本では共著に
奥 和宏の名前があるが、彼が参加したというだけできっと読みごたえがあると
想定できるのでファン必携の一冊であろう。
190108.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ