FC2ブログ

2020-01

Latest Entries

今週日曜日、F1の2019開幕戦!リルコミだあ

午後、国分寺駅そばの耳鼻科へ行く。花粉が飛んでいると手放せない薬で
他には無いというものだから二ヶ月に一度は足を延ばして先生のご機嫌を
うかがいながら貴重な薬をいただいている。しかしきょうは待ち人、20
人に近い患者が待っていたのでソーッと薬をいただいて帰った。先生も右
手を挙げて挨拶をしてそれだけで意思は通じたので油を売らないで失礼し
たのだった。こんばんは。F1の2019チャンピオンシリーズは今週、
オーストラリアのメルボルンから始まるが、大注目はホンダエンジンを搭
載して2019シーズンを戦うことになった「レッドブルレーシング」。
レッドブルはメルセデス、フェラーリという2強に比べると格が一段低い
位置にいるが、ルノーエンジンからホンダエンジンにスイッチしてみたら
予想外の感触にエースドライバーのマックス・フェルスタッペンもホンダ
のパワーユニットについて「良い意味でとても驚いた」と語りニンマリと
目前に迫ったシーズンでの手応えを話した。「テスト走行では非常にポジ
ティブな二週間を過ごせた」と話して、ホンダのパワーユニットを搭載し
たマシンに乗ってみて「いい意味でとても驚いた」と興奮気味に語った。
ホンダはエンジンサプライヤーとして2015年シーズンからマクラーレ
ンチームにエンジンを供給する形でF1に戻った。ところがマクラーレン
に2017年までエンジン、いまではパワーユニットと呼ばれハイブリッ
トエンジンがF1規定で決定しているが、ホンダパワーには勝手が違った
のか2015年、2016年、2017年と連続して予選も本線も下位と
なってマクラーレン側は「ホンダのパワーユニットのせいだ」と結論づけ
て2018年はホンダパワーユニットを使わないことを宣言し、ついに袂
を別ったのだった。行き先を失ったホンダパワーユニットはレッドブルの
弟分的存在の「トロロッソ」チームのエンジンサプライヤー契約に成功し、
2018年度のシーズンを戦って実績を積んでいた。2019年シーズン
を前にしてレッドブルレーシングとエンジンサプライヤーの「ルノー」が
対立。修復不可能な犬猿の仲までに両社は対立、そこにホンダパワーユニ
ットが注目され、昨年のF1公式テストでレッドブルはホンダのPUを載
せてテストをすると、あれれ壊れないし速いぞ、どうなっているんだ?と
テストしていた関係者からライバルチームの関係者まで目を丸くして驚い
ていたそうな。つまり、マクラーレンにポイされたホンダがレッドブルで
生き返ったというマジでホントの話。17日(日)はメルボルンでの開幕
戦だが、すぐに結果は出せないだろうが今年は期待できそうな雰囲気。
レッドブルのエイドリアン・ニューウェイもやる気を示したという。ニュ
ーウェイはレッドブルをチャンピオンカーにしたデザイナー。今年のF1
はレッドブルに大注目!である。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ