FC2ブログ

2019-11

Latest Entries

お散歩に出る機会を失った!リルコミだあ

小平は午後から曇りに変わり、お散歩に出る機会を失ったまま
夕方になると小雨がぱらつきはじめたので本日のお散歩を諦め
た。こんばんは。京都在住のオートハーププレイヤーの「クリ
ちゃん」が先ごろ、「気のせい」というCDソロアルバムを発
表。オートハープを弾きながら歌うというスタイルは、とても
珍しく、日本においてもクリちゃん以外のソロCD というもの
の存在を知らない。オートハープという楽器をご存じだろうか。
私の範疇ではカーター・ファミリーのサラ・カーターとメイベ
ル・カーターが最も古く、その次がNLCRのマイク・シーガー
と、オールドタイム系の楽器だという認識があった。特にマイ
ク・シーガーの弾き方にはメロディが主体となって「どうやっ
て弾くんだろう」と大いにファンを悩ませたこともあった。と
ころが後年、オートハープを抱いて、ソロパフォーミングする
「ブライアン・バワーズ」がデビューしたときの衝撃は、内外
問はずビックリ仰天だった。細かくメロディを弾きながら尚も
複雑に曲を表現するスタイルに、「オートハープの新時代到来
」したと誰もが思った。両手で抱えられる大きさの箱型にたく
さんのスティール弦を張り、主に歌の伴奏だけの楽器というイ
メージが、ブライン・バワーズの出現によって広い意味で可能
性のある楽器に生まれ変わった。元々はドイツからの移民、オ
スカー・シュミットによって19世紀に作られたのがオートハ
ープである。私とクリちゃんは(本名:木崎豊)1972年の
第1回宝塚ブルーグラスフェスティバルで会い、1973年の
日比谷ブルーグラスコンベンションに出演していただいた。所
謂古いお友だちというのが関係のすべてである。クリちゃん、
ソロCDをたずさえて関東ツアーを慣行、領国フォークロアセン
ターと熱海に近い韮山で妙技を披露、大成功のうちに終えたと
いう。私も是非、演奏と歌を見たかったのだが、病気のために
参加できなかった。近ごろでは「やぎたこ」や「古屋克己」な
どオートハーパーも多い。そうそう、オートハープの制作家も
日本にはいて人気を博しているという。オートハープのライブ
については北越谷の「オールドタイム」(048-971-1812)でプ
レイが見られる。ここではハンマーダルシマーの集まりも月1
回程度開かれている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ