FC2ブログ

2019-12

Latest Entries

甲高いエンジン音と出会ったお散歩!リルコミだあ

おだやかな秋晴れの続く中、お散歩に出て南に向かって
広い府中街道の歩道を歩いていると、甲高い自動車のエ
ンジン音が聞こえた。「ムムム…」と、あちこちダンボ
耳にして方向を探ったが、ついにエンジンがした場所は
見つからなかった。ちょうど左手にはBSの広大な工場。
この中から聞こえているのは確かなんだろうけど工場の
中へ入って行くのには通行証が必要だし、その他いろい
ろなことを考えたが特定出来なくて、結局諦めた。聞こ
えたエンジン音は間違いなくF1のエンジンによるもの
だった。ブリジストンタイヤのF1参戦の歴史は、F1フ
ァンの間では今でも噂に上がるほど輝かしいものがある。
1997年に初めてF1の世界に飛び込んで、特に、フ
ェラーリにマイケル・シューマッハーという最強のドラ
イバーがいた時代に、ブリジストンが近ずきフェラーリ
の工場の中でフェラーリの技術屋と共に、タイヤ力学と
サスペンション構造の優れた組み合わせを研究し、20
02年と2003年にF1チャンピオンを獲得。見事にタ
イヤ研究の成果を勝ち取った。その後、F1タイヤのワン
メイクとなった2007年から2010年までブリジス
トンタイヤが単独で供給した。このような栄光のF1時代
を誇るBSの工場に、BSタイヤをはいたF1カーがないわ
けがないだろうと想像していたが、今日、偶然にもその
証拠となる音が聞こえたのである。まだ実物は見てはい
ないが、間違いなくF1カーの存在だった。私は高校生だ
ったか、練馬の外れの友だちの家でバイクの手入れをし
て遊んでいたときに、朝霞のホンダの工場方面から、や
っぱり現実とは思えない甲高いエンジン音が聞こえて、
引き込まれるように朝霞ホンダの工場までバイクで走っ
てホンダに飛び込んで行った体験がある。あのときは目
の前にあったF1カーに興奮が頂点に達して倒れそうだっ
たが、ホンダの人たちは私たち二人を邪魔ものにしない
でほっといてくれた。いい時代だった。あのとき以来の
「エンジン音」との出会いだった。時間も晩秋だったよ
うに記憶しているが、実に気持ちのいい音だった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------
NEW !
170101kameno.jpg
Rocking' Chair
/Tatsuo Kameno

お買い求めは
●亀野達夫へ
(¥2500国内は送料無料)
メール

または
BOMサービス


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ