FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

武蔵村山ダイヤモンド・シティに行って来たゾのリルコミだあ

雨がやんでから気温が上がって、
あれれって感じで汗を流して仕事しました。
予報ではもっと降って寒くなるといって
朝の各局のテレビ嬢が騒いでいたのにね。
全然寒くない小平からこんばんは。

先週完了した現場にクレームが入って、
きょうは一日、それで振り回されました。
どこがクレームなのか。
不動産屋さんの担当者の電話によると
「畳にシミが見つかり、エアコンのリモコンが
ベタベタしてて気持ち悪い」とのこと。
何はともあれ現場へ直行する。
AM11時に現場点検を開始するが、
なるほど畳にシミが見つかり、そのシミが
抜けるかどうかを考えるが方法は無しと判断。
まことに残念だが畳表の取替えを畳屋さんに依頼。
しかし、もう一度、不動産屋さんの担当者から
電話が入り、「明日のお昼に入居」だという。
恐いことを言ってくれるなあと思いつつ、
再び畳屋さんへ携帯する。
「今日中に可能か」と私の問いに、
「夜やれるなら出来るよ」との返事が来た。
どんなシミなのかと畳屋さんが聞いた。
たぶん、水滴だろうが黄色く変色していると
応えると「ふんふん」とだけ畳屋が応えた。
いまごろ現場へ畳を引上げに行ってるころだ。
日頃の付き合いがこのようなピンチを
救ってくれる。有難いことです。
リモコンのベタベタは問題外。

きのうは我家の長女のお誕生日。
正確にはその前日だったらしいが、
家でパーティーらしきことをするのがきのうだった。
さて、お買い物はどこへ行こうかというと、
「ダイヤモンド・シティがいい」
と妻と長女がリクエスト。
ダイヤモンド・シティとは武蔵村山市の
日産工場跡に出来た巨大なショッピングモールの
ことで、スーパーのジャスコとデパートの三越が
ジョイントしているから、このあたりでは
主に女性群に大注目されている。
しかも開店してまだ二週間くらいだから、
話題の中心、ホットなお買い物ポイントなのだ。
店内の混雑よりも車の渋帯を心配しつつ出発。
午後四時までには戻りたいなあという気持ちを秘め、
意外に距離が近いダイヤモンド・シティへ。

予想よりも渋帯は少なかったが、
白くて巨大なショッピングモールを
目前にした駐車場が混んでて、空きの駐車場所を
巡って場内をぐるぐる回されていると、あらら、
何回もカッと頭に血が昇るんです。
空きを見つけても先回りされたときは
非常に頭に来て身体に悪いしストレスになる。
6000台駐車可といわれる巨大な駐車場が
お客さんの殺到で、ついに満タンになっていて、
あと少しのところでイライラした私でした。
「お父さんたちと別れるわ」
といって長女は混んでる店内へと消えた。
一時間半後の午後三時までに戻る約束をするが、
社会人となって給料取りとなった長女に
こんな約束が通じるとは思えないが、
何かの歯止めにはなるかも知れない。
ここは左右にジャスコと三越がデンと構えて、
その間にショップが雨あられのように連なってる
ダイヤモンド・シティがあった。
ジャスコと三越は当然にそのままの名前で、
ダイヤモンド・シティとはこまごまと連なる
ショップの総称だった。当り前だなあと感心した。
高さは五階建てだがショッピングは三階までで、
四五階は駐車場になっていた。
映画館もあるゾと妻にいうと、
「宝塚フェスに行ったとき、
三田のスーパーにも映画館はあったわ」
と逆襲される。

三越デパートの武蔵村山店は程よいお客さんの
入りだったが、これはデパート慣れしてない
お客さんが、その高級さを見て引いてしまった
のだろうか。そういう意味では今後に
期待が持てそうな気がする。
ダイヤモンドシティの中、
目立ったショップはユニクロだった。
店内はお客さんで溢れ、商品をもみくちゃに
したあとの整理もまったく出来ていなかった
という凄まじさだった。
安いものに群がる群集心理もあったのか。
それはジャスコにも言えた。
スーパー・ジャスコは都心のスーパーでは
ありえない売場の広さを持ってることを
アピールしているが、ここもかなり広い。
しかも食品だけに絞っているので、
その多彩さや量に私は圧倒されてしまった。
「ス、寿司が安いヨ!」
「お刺身が新しいヨ!おっ、金目鯛だ、安い!」
と激しく興奮した私だった。
しかし、カートを押す主婦たちで店内は大混雑。
開店から一週間で40万人が来たらしい噂も
本物で、目つきがオオカミ目に変わった集団の
大フェスティバルだった。
「お父さん、こっちこっち」
長女が大きな袋を下げて手を振っている。
私だけがはぐれていたのだった。














コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jin3.blog6.fc2.com/tb.php/440-5ea623b4

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ