FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

ムーンシャイナ-誌11月号はIBMAレポート!リルコミだあ

街なかの木々も少しづつ紅葉が目立つように
なってきた小平からこんばんは。

ムーンシャイナ-誌11月号が届きました。
特集は第18回のIBMAアワードショーの
レポートでしたが、似合わない礼服に身を包
んだホスト役のサム・ブッシュの写真に目が
引かれました。サム・ブッシュがそもそもこ
のような格好で人前に立つのは、私は正直い
って歓迎しません。百パーセント自由人間の
イメージがあって、しかもアクの強いミュー
ジシャンには、グラミー賞でのジョン・デン
バーのような役はまったくふさわしくはない。
こんな時間があったら、曲でも書くなり本を
読んだりして、次のアルバム構想でもしてて
ほしいと思いました。少なくとも「ホスト」
役などは柄でもないと考えて、マネージャー
がいたら「まだ早い」といって、出演をスト
ップしてほしかった。時代の流れかブルーグ
ラスもナッシュビルに移ったりして、より商
業色が濃くなって個性よりも経済なのか。サ
ムの前にドンと百万ドルの現金でも積まれて、
「しょうがねーか」というシチュエーション
だったら許せなくもない。

今年最後を飾った四国の「朝倉フェス」が先
週の土日に開かれ、ゲストにはジャパニーズ
・ブルーグラス・バンドが呼ばれて賑やかに
楽しまれたという。以下は松山在住のオーミ
さんのレポート。

「土日は朝倉フェスへ行ってきたよ。
ジャムのやり過ぎで今日は疲れ果てて抜け殻
状態。ゲストはJBBが来ました。
北海道から芳賀健太という若者が一人で参加
してて、かっこよくバリバリにギターを弾き
まくってて大受け。この若者を見ただけでも
参加してヨカッタなと思った。カナダのマン
ドリンを持った方が宿泊所におられました。
昨年の宝塚にもカナダのマンドリンを持って
る人がいたな~と思いながら話をして、写真
を取らせてもらいました。その後、場所をス
テージに移動するために、荷物を持って帽子
をかぶった彼の姿を見た瞬間、宝塚の人と同
一人物だと気が付きました。くりくり頭では
同一人物には見えませんでした」



というわけで私はこれから銀座ロッキーへ。
くれぐれも終電には気をつけてといわれたが、
では深酒には注意して飲もうかな。バイバイ。



芳賀健太さんのステージ。笹部氏が乱入のハプニングも



ジャパニーズ・ブルーグラス・バンド



ケンタッキー・フライド・ピッキン (松山)







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ