FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

幻のバンド「イッツ・ア・クライング・タイム」ついに復活!リルコミだあ

連日の暖かい春のような晴れの小平からこんばんは。

関西から驚きのニュースがとどきました。何と!あの
忘れかけていた幻のバンド、「It's A Crying Time」
が復活、元通りに近いメンバーで来る11月23日、
大阪アナザ-・ドリームに出演するのが「決定した」
というではないか!通称「クライングタイム」は70
年代初期に活動した知る人ぞ知るバンドだったが、ウ
ワサは東京にも届いていて、私と友人はクライングタ
イム出演していた大阪?の「マンハッタン」までわざ
わざ訪ねたことがあった。その後、初のアルバムを携
えて全米のブルーグラス・ツアーへ。ちょうど同時期
に全米ツアーをしたブルーグラス45に隠れるような
存在だったが、その実力はピカイチだった。帰国後に
就職解散となったことは日本のブルーグラスにとって
大きなマイナスだった。今回の復活は、たぶんその解
散以来ではないか。メンバーは清水英一さんがバンジ
ョー、山口さとしさんがギター&リードボーカル、大
西一由さんがマンドリン、そして今回は元ベースマン
がアメリカ在住のため、ゴローショーでお馴染みの田
川さんがピンチヒッターをつとめるそうだ。世の中色
々な復活が話題を呼んでいるが、私や私と同世代のブ
ルーグラス人にとっては、待ってましたの復活である。

11月23日祝 大阪アナザ-ドリーム 06-6211-5759

「ブルーグラス・リユニオン・パーティー07」

出演:バックウッド・マウンテニアーズ
   千里マウンテン・ボーイズ
   イッツ・ア・クライング・タイム
   他多数出演

料金:¥5,000.フリードリンク

食後静かに音楽を聴きながらウイスキーを飲むのもい
いもので、そんなときはとっておきのスコッチ、シン
グルモルトのロールスロイスと呼ばれる「ザ・マッカ
ラン」などはおすすめです。などと何やらいつもとム
ードが変ですが、クリスマスも近いしもうすぐ師走だ
から、何かと毎日が落ちつかないとくれば、たまには
女房と静かに音楽を聴きお酒を楽しむのも悪くはない。
音楽もお酒もまったく自分のお好みだが、私がいま飲
んでみたいのが「ザ・マッカラン25年」というスコ
ッチ・ウイスキーで、ずっと夢に見てきたが未だに味
わっていない逸品なのだ。

およそ十年前の私は板橋区高島平の酒店の店長だった。
体調を崩して五年ほどの短期間のお勤めだったが、ビ
ールの「スーパードライ」ブームやワイン・ブームな
どを体験した。このときウイスキー類(ブランデーも
含む)がどんどん売れなくなっていく現実も体験した。
ウイスキーはお歳暮時期に近所の町工場のおばちゃん
が、サントリーの響を贈答用に使ってくれたのが目立
つ程度だったが、あとはレッドのダブるサイズを買う
アル中っぽいおじさんたちだけがウイスキーを買って
くれていた。そんなある日、白いセーターを着たおじ
さんが店にやって来て、「マッカランというスコッチ
を頼む」と私にいうのだった。

サントリーが輸入元だといっておじさんはオーダーが
済むと帰った。私には初めて聞くウイスキー銘柄だっ
たが、受注した問屋さんは「このマッカラン25年は
高額ですがいいですか」と念を押した。何でも7万円
だというのだった。これが私とこのウイスキーとの関
わりあいのはじまりだった。やがて注文したウイスキ
ーは当店担当の営業マンが慎重に持って来て、どんな
人が飲むのか注文主に会いたいという。ウイスキーが
届いたと電話を入れるとすぐにおじさんはやって来た。

「私は会社が味の素で、スコットランドへ赴任したと
きにマッカランと出会った。シェリー樽の香りがあっ
て濃厚な芳香で、味わいは滑らかでとてもリッチだ」
と私と営業マンに語ってくれた。このとき、酒の味を
例える「フルボディー」という言葉もはじめて聞いた。
この紳士はこのウイスキーを3本飲んで住んでいた会
社の寮から引越して行った。私はそれ以来、このマッ
カラン25年をいつか飲んでやろうと決心した。この
ウイスキーぐらいスコットランドを表現しているもの
はないといっていた味を自分の舌で自分の喉で試した
いと思っているが、そのタイミングはまだ来ていない。








コメント

昨晩、いよいよ清水さんが動き、サブをわたしの代役で大西さんと3人で練習したらしい♪
サブは一緒にやりたくてフィドルを弾くという!(汗)
「オールドケンタッキーバウンドのイントロだけやからええやろぉー?」
と懇願されたヨー。

Satompusさん、いよいよ出番ですね
いつか、必ず聞きに行きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ