FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

赤猫の食事風景はすさまじかった!リルコミだあ

きょうも暖かな小春日和の小平でしたが、
週末は寒波が下りてきそうだから寒くなり
そうだ。こんばんは。

小平市学園東町の二階建てアパートの一部
屋がきょうの現場だった。森のように鬱蒼
と大きな栗や楢の木が茂る中にアパート三
棟が建っている。自然が濃い分だけ夏はあ
らゆる虫が多く、駐車場の外灯の下には一
晩で無数の虫の死骸があたり一面に積るほ
ど落ちている。虫の好きな住人には「おっ、
カブトだ!」、クワガタだと楽園に様変わ
りするが、虫の嫌いな若い女性などは、住
んで夏になってはじめて分かる虫との共存
に驚き、誰もが絶句するのだった。夏のひ
と雨あった翌日などは、たとえば帰宅して
玄関ドアの前に立ったとき、玄関ドアの明
かりに集った虫たちがドアノブに触れない
ほどべったり、まるでジュータンのように
貼付いてうごめいていたらどうしますか。
こんなことはありえないと思っても自然と
は、ときとして何万ものある種の虫が大発
生することがあるのだ。恐怖を感じた住人
はすぐに不動産屋にかけあって引越す。こ
んなことがたまに起きるアパートだったが、
きょうはまた別の意味ですさまじかった。

そんな場所にアパートが建っているから落
ち葉も半端じゃない。ケヤキなどはまるで
雨がふるようにはらはらと葉っぱが落ちる。
そんな中、サービスの積りで竹ぼうきを出
して駐車場あたりを掃いていると、すぐ近
くで「カサカサ」と小さな音がしていた。
連続的ではなく、30秒くらいの間隔があ
ってから再び「カサカサ、カサ、カサ」と
続く。落ち葉の中に埋もれた中から音がし
てるようだった。私も竹ぼうきでザ、ザ、
と掃く音をたてていたが、その音は明らか
に小動物が動くような音だった。何だろう
と気にしつつも掃き掃除は進み、やがて落
ち葉はゴミ袋にまとめられて完了した。外
は日射しが強く暑かった。汗をふいてひと
休みしていると、10メーターくらい離れ
た駐車場の隅っこで、何かに狙いをつけた
赤いよもぎ色の大きな猫が見えた。猫の視
線の先には依然と「カサ、カサ」と間断な
音が聞こえていた。あたりは真昼の静寂だ
った。すると赤猫は背中を丸めて力を全身
にみなぎらせて前足をもじもじと動かしは
じめた。飛んだ。

一瞬の出来事だった。ガサガサガサと駐車
場わきの落ち葉の薮あたりに音が立ったと
思ったら、大きなねずみをくわえた赤猫が
誇らしげに薮の中からのっしのっしと出て
来た。そうか、あの音はねずみの動く音だ
ったのか。「えらいぞ!」と声もなく赤猫
の勇姿に向かって褒めた。近ごろこんな場
面はめったに見たことがなかった。大した
赤猫だなと思って尚も見ると、赤猫はくわ
えたねずみを地面に置いた。あそこはちょ
っと前に私が落ち葉を掃いたところだなと
思ったら、何と赤猫はそこでばりばりと音
を立ててねずみを食べはじめたのだ。最初
に食べ終わったのはお腹のあたりだった。
骨を噛み切る音が私のところまで「バリ、
バリ」っと響いて来た。やがてお尻も長い
シッポも食べた。赤猫は口のまわりを舌で
丁寧に、ゆっくりなめまわして食事を終え
た。時間はおよそ5分ほどだったか。ゆっ
くりあたりを見回して、ギョッと驚いたよ
うな顔をして私と目と目が合ったが、その
まま私を無視したようにのっしのっしと歩
いて隣家へと消えた。

ところがだ。よく見るとねずみの頭の部分
のようなものが食い残されているではない
か。近づいてよく見ると確かにきれいに頭
だけが残っていた。不思議なことに血液ら
しきものは一滴も見えなかった。地面をぺ
ろぺろなめていたように見えたところもあ
ったけど、そのときになめとったのだろう
か。それにしてもきれいに食べるものだ。
獲物を捕らえて食らいつくトラのようにも
イメージ出来るけど、赤猫も十分にワイル
ドだった。私は近くから小さな小枝を拾っ
てねずみの頭を薮の中へ放り込んだ。赤猫
のためにきれいに落ち葉を掃き、そして食
い残しも片付けた。どうなってんだ!

明日は高尾方面へ視察のため休筆します。






コメント

しっかし、仁さん文章うまくなったねー!!!
だって読んでて気持ち悪くなったもん。
また落ちもあって最高でした。
やっぱ継続は力なりだねー。

誉められました。ありがとうシバケンさん。
しかし、誉められてから改めて読み返すと色々な
雑な部分が目立って穴があったら入りたい思いです。
きのうの赤猫は偶然に遭遇しましたが、
身近な存在の思いがけない行動がハッとして
あのブログになりました。
実はあのそばにもう一匹黒い猫がいたんですよ。
しかしこの猫はねずみに触りたくもないといった態度だった。
猫も色々な猫がいるもんですねえ。
もうちょっと書いてる時間に余裕があれば
この猫のことも書けた気がします。

わたいはてっきり赤ベエと次郎の赤猫バンドの記事だと思ってしまったヨ♪( ̄□ ̄;)!! がははは

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ