FC2ブログ

2020-04

Latest Entries

ジョイフルホンダへ灯油を買いに走った!リルコミだあ

日だまりが暖かかった晴れの小平でしたが、
ムクドリの大群が近所の竹やぶの中で大騒ぎ。
静かな冬の夕べが台無しだった。こんばんは。

午後、妻とジョイフルホンダに灯油を買いに
出かける。「18リッタ-で200円も安い」
といわれ、3本のタンクを持って行くと係員
がすぐに満タンにした。満タンにしている間
に支払を済ませてしまうというピーク時の混
雑を予想した流れ作業的給油システムだった
が、ウイークデーの本日は客がガラガラ。広
いスタンドがもったいなかった。ここはオー
プンしてからほぼ一年経つが、ようやく買う
物の場所が分かりはじめて来た。道具類、建
材類、金物類、材木やタイル、そして水まわ
り製品などの位置が分かって、果てしもなく
広大なジョイフルホンダに立って、いまは大
体間違わずに欲しい物まで直線的にたどりつ
ける。しかし、きょうは灯油の他は買う物は
なかった。とても珍しいことだったが、買う
物がなければお金を使わなくて済む。これっ
てよいことだよねと妻と確認して広大な売場
におさらばした。

車中の音楽は「カントリー・ジェントルメン
・ライブ・イン・ジャパン」だった。来月の
9日に東京で来日公演をするエディー・アド
コックとトム・グレイを意識して「聞いてみ
たい」と選んだものだったが、同じカンジェ
リでもこれはまったくメンバーが違っていて、
僅かにリードボーカルのチャーリ-・ウオラ
-のみが残っていたあの「大分違ったカンジ
ェリ」だった。私はどうやらCD棚から引出
すときに「オン・ザ・ロード」と間違えたら
しかった。しかしながら、改めて久しぶりに
聞いていると、昔の72年当時の断片的な記
憶とダブったりして臨場感があってなかなか
よかった。このライブアルバムは「フォック
ス・オン・ザ・ラン」から始まって「ハンク
・スノウ・メドレー」までトータル20曲が
収まっている貴重盤だが、中でも無名だった
若いドイル・ローソンのマンドリン・プレイ
が聞けることが楽しい。

若いドイル・ローソンがビル・エマ-ソンの
バンジョー・インスト「トレイン・45」に
必死こいてついていってる様子が、フレーズ
があっちへこっちへいってなかなかまとめら
れないで汗かいているところなどは、マンド
リンおたくじゃない私でも非常に楽しめた。
現在のドイルは正確なスイス時計のように弾
いているから、改めてその成長ぶりに驚くの
だった。さすがにプロ、しかも一流のプロで
ある。江戸街道を通って「西武東大和駅」近
くを走ると妻が突然、我家のサッカー小僧の
話しをはじめた。「バイト先の西友の店長が
リルコミを読んでるよって、いったらしいワ」
「・・・・・・」初めは妻がいってることが
何がなんだか分からなかったが、よく話しを
聞いてみると。サッカー小僧のバイト先の店
長が私のリルコミを読んでて、そのことをサ
ッカー小僧に店長が直接いったということだ
った。

「そんなことってありか」と私。西友という
記事があると検索で出ちゃうんだろうという
のが妻の判断だった。そうかも知れないが、
偶然がすぎやしないかと思いつつもいきなり
そんなことをいわれたサッカー小僧の反応は
というと、「バイトから戻って、ぼくのこと
は書かないで」といっていたと。それはそう
だがもう遅いし、ああそうですかといって書
くのを中止したり出来るものではない。もう
少しその店長とやらの様子を見ることにして
おこうと結論が出たが、たとえば妻がいう検
索でリルコミにたどりついたにしても、ある
いは私かブルーグラスとかを知っていて読ん
でいるお方だとしても世の中が狭いなあ。車
中には「ブリンギン・メリー・ホーム」が流
れていた。ジョン・ダッフィが歌った名曲だ
が、このときはチャ-リ-・ウオラ-が気合
いを込めて丁寧に歌っている。奇しくもこの
二人は故人である。

さてさて、12月9日東京公演ではこの故人
二人に成り変わって本間正敏さんと須貝重太
さんがエディー・アドコックとトム・グレイ
をバックに「ザ・カントリー・ジェントルメ
ン」を演じる。私などはオーバーじゃなくて
本間と須貝の入ったカンジェリを見て死ねる
ことが何やらとてもうれしく思うこの頃だ。
これをアレンジしてくれたトムスキャビンの
麻田さんに感謝を申し上げたい。また、トム
スキャビンの「聞かずに死ねるか」シリーズ
にもとても共感をおぼえてしまう落ち葉かな。
そんな気持のカンジェリ三昧の午後だった。











コメント

カントリージェントルメン・日本版
死ねずに聞けるか!?・・・だっけ(笑)

店長ではないですよ。オペレーションマネジャーです。

はじめまして。
「西友 小平」で検索していたら偶然にこちらのブログが引っかかり
最近面接した高校生かな?と思い、もしかしたら君のお母さんブログやってない?
と聞いてみたのです。
本人気にしてたのなら、悪いことしちゃったかな。
真面目に働いてますから、ご安心ください。

西友 小平 様

わざわざコメントをいただき恐縮でございます。
母ではなくて父がブログしております。
本人はあの日だけの反応でしたので私は気にしておりません。
まだ高校生なので世間のことはまるで知りません。
精一杯、楽しく働かせていただければと親は考えております。
お返事まで。今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ