FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

RED, WHITE & BLUES のリルコミです

昨日は少し早く仕事から帰れたから、
それっとばかりひとっ風呂入って一杯飲んだら、
疲れもたまってたのかころっと寝ちゃいました。
で、目が覚めたら夜中の2時だった。
とりあえずお茶を飲んでTVをつけると、
ミラノダービーをやってたのでつい見てしまった。
ACミラン対インテルのクラブチャンピオンズ大会。
中立的立場のドイツの審判のきわどい判定をめぐり、
インテルのサポーターが敵のキーパーめがけて
めったやたらに発煙筒を投げたのだった。
そのうちの一本がキーパーの肩を直撃したため、
場内は騒然となって暴動が起きるのではと心配した。
結局、残り時間をカットしてそこで試合は終了。
ACミランが準決勝進出を決めたのだった。
さてそれからが大変だ。興奮して寝られません。
見るんじゃなかったと後悔しても遅い。
え~い、ついでにDVDを見てしまえとなった。
取り出したのが劇場公開された「RED,WHITE & BULUS」。
例のマーティン・スコセッジ監督が総指揮をとった、
ブルース映画シリーズ8本のうちの一本。
この映画では60年代のイギリスの若者が、
アメリカ黒人のブルースを発見して熱中していった模様を
インタビューをまじえて熱く紹介している。
ジェフ・ベック、E・クラプトン、ジョン・メイオール、
ヴァン・モリソン、トム・ジョーンズ、そして
ローリング・ストーンズたちだ。
映画はトム・ジョーンズとジェフ・ベックが待つスタジオに
ヴァン・モリソンがのっそり登場するところからスタート。
そしていきなりヘビーなブルースを歌い始める。
ジェフ・ベックが鋭利な刃物のような感覚で
サイドギターを弾く。アルトが深く静かに間奏を吹き、
ピアノがつづく。渾身のボーカルがエンディングを歌った。
かつて60年代を思い出して。
アメリカはこの時代、黒人とブルースは疎まれていた。
ラジオでも黒人ブルースは放送されなかったらしい。
つまり、イギリス人がブルースを発見した事実を
この映画は立体的に検証している。
E・クラプトンは何度もインタビューに登場して、
若い頃のブルース体験をはなしている。
「マディ・ウォーターは僕の神だった」と。
白人がやる黒人ブルースについてBBキングは
「ブルースじゃないよ。でもブルースは感じられる」
と答えていた。
この8本のブルース映画はそれぞれの監督が
独自の切り口で作品としているので、駄作はないようだ。
ただ慎重に選ぶとしたらこの作品と「PIANO BLUES」が
ベターではないでしょうか。1本3,990円
というわけで朝まで寝なかったのでした。
今日はこれからロッキーまで有田純弘を見に行きます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ