FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

半年ぶりのバンド練習の結果!リルコミだあ

あさは意外にも暖かかった小平だったが午後には
氷雨のほかに風も吹いて、しっかり真冬に戻った。
こんばんは。

きょうは集金日。10日が連休になったので冷た
い雨の中、市内の数カ所をまわって仕事金をいた
だく。アパート・オーナーや不動産屋などは現金
払いだが、工務店など建築関係は小切手が用意さ
れていて、事務員さんに冗談をいうヒマもなく数
十秒で集金が終わる。ところが、ある工務店に行
くと、事務室との境目の胸高カウンターに、赤い
トラ猫が、こっちに背を向けてどっかり寝転んで
動こうとしなかった。わずかに尻尾が左右にちょ
ろちょろ動いているだけだったが、「最近、ここ
が気に入っちゃたらしいのよね」とお嫁さん。暖
房が効いて暖かいせいもあるだろうけど、ここに
寝てたら人が来てやかましいだろうにというと、
「ニャ-!」とこっちを向いてひと声。愛想もい
いようだった。「会長が亡くなってから、事務所
におりて来るようになった」とお嫁さんが説明し
てくれたが、思いがけない看板猫の誕生なのだっ
た。

三連休の10日は久しぶりのバンド練習だった。
何を隠そう練習は「箱根フェス」以来だったから
ものすごい。こんなに練習しないバンドも珍しい
と思われてもしかたのない体たらくである。バン
ドの名前は、「Oh! Jin Band」といって、これは
チャドのマスターが名付けてくださった。意味は
深く考えない方がいい。さて、およそ半年ぶりに
メンバーが集った。いちばん早かったのは入来ベ
ースマンだった。何とエピフォンのエレベ-と小
型アンプを携帯して、渋谷から電車で来たのだっ
た。さすがに額に汗が見えた。次は横浜からマン
ドリン弾きのイーダさんが、JR「新小平駅」に
陽気にやって来た。左手にチュ-ハイ缶の入った
レジ袋を下げている。練習用の命の水である。


三番目は藤沢からフィドラ-が西武青梅街道駅に
降り立った。我家の周りには最寄り駅が4つもあ
るが、青梅街道駅は最も至近距離にある。「藤沢
のカレーパンと神奈川みかん」という素朴な練習
用菓子を持って来たフィドラ-。彼は飲んべえで
はない。四番目に到着したのはバンジョーマンだ。
「武蔵野線が突然の不通で新松戸駅でおろされた」
とアクシデントに遭遇して遅くなったといった。
普通でも遠い長旅なのに強烈な回り道をくらわさ
れて、げっそり顔で登場。バンジョー弾きはこん
なときは、重いからとてもつらいことになる。し
かし、これでメンバーがそろった。我家から歩い
て30秒の練習場所、地域センター内の「娯楽室」
へ移動。ゾロゾロとオヤジどもが大きな楽器を持
ち歩くので、私の住むアパートの住民は目をパチ
クリ。

娯楽室は名前の通り、大暴れしない限りお酒も飲
めるという場所で、しかもタダ。八畳間が二つあ
るので、練習場所的にはベリーグッド。小平市に
感謝なのだ。さて、チューニングがはじまった。
私はといえば、二ヶ月前のダダリオ弦だった。弦
の買い置きが切れたまんまで、それを知ってたけ
ど、時間がなくてお茶の水まで買いに行けなかっ
た。「古い音がするなあ」ちょっと気持悪いなあ
と感じながら、愛用の夢弦堂ギターのチューニン
グをした。妻がおにぎりなど練習の食料を届けて
くれた。午後五時までノンストップ、まるまる三
時間の練習だ。「アイ・ワンダーを」と喉慣らし
曲をバンジョーマンのギッチョに伝えると、スム
ースでくせのない美しいイントロが響いた。しか
し、歌いはじめると、声ががらがら状態でメロデ
ィもボロボロ。私の喉は、「突然の歌」にまった
く反応しないで、ワンコーラスでつぶれてしまっ
たようだった。

ここまで声が出なくなっているとは思わなかった
から、悔しいやら情けなくて、顔が火照ってかっ
かとなった。Gランもときどき滑った。練習しな
いツケはかなり深いようだ。それでもレパートリ
ーを少しづつこなしていくと、声は小さいところ
で落ちついて、迫力なし状態のまま二時間練習が
出来た。課題は山とあるけど、ネクストまで喉を
鍛えて、どうにかブルーグラス・ボーカルにまで
持ち上げてないと練習にならないと思った。四時
ころ西貝さんとサトンパスさんが遊びに来た。
「もっと声を大きくしないといけませんねえ」な
どとサトンパスさんにご忠告されてしまった。ハ
イ!ごもっともでございますだ!と友人に深く感
謝。評論家、鈴木カツさんに「茅ヶ崎にライブ」
しに来るようにと有難いお言葉をいただいている。
それが実現出来るようにがんばろうと、決心しま
したが果たして・・・。













コメント

リハビリ開始して2年も経ちましたが最近やっと声が出るようになってきました。

Gランは度々Bランになります。

ちょっと練習をサボるとボロボロになります。
継続は力だと思い知りました。

ジンちゃんもすごく良いセンスをしているのでぐわんばって練習しましょう~♪

わし、ジンちゃんの歌、すごい好きですよ (^^)v ブイ !!

お褒めにあずかりまして深く感謝申しますね。
私もあなたのリバイバルに敬服している一人です。
バディーズのころはレースと二股でつらそうだった。
ボーカルもギターも不安定でリハビリには
かなり無理っぽく考えていました。
ところがところ変われば何とやらで、デッドマンに
なってからすっかりチェンジしました。
いまや昔の実力に近いところに戻ってます。
日常の心がけのたまものでしょう。
20日は見に行くよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ