FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

アイリッシュ・フィドルのマーティン・ヘイズ!リルコミだあ

朝がたは別にして昼間はあたたかい天気に恵まれた
小平からこんばんは。

二三日前から隣の庭の藤に丸々と太った寒雀が30
羽ぐらい、羽音を立てて「バーッ」とやって来る。
大体夕方の五時ころにやって来て、地上1.5mく
らいの藤のつるにひと塊になって泊まっている。は
じめは気付かず、福寿草の目を探して庭に出ると、
私に驚いたのか、いっせいに飛び立った。しかし、
危険がないと悟ると、またしても藤のつるに降りて
塊になるのだった。きょうはそのすぐそばに、緑の
羽毛も鮮やかな「めじろ」がニ羽飛んで来て、チチ、
チチチなどと鳴いていた。その間も寒雀たちは、や
はり藤つるに泊まったままで身じろぎもしない。間
もなくめじろは去ると、入れ替るようにドバトが土
の上を歩いて来た。これにも寒雀たちは我関せずだ
った。毎日確かめたわけではないが、きのうの早朝
にはどこかへ飛んで行ってしまって、藤つるは空家
になっていた。以前、たぬきが我家の庭に紛れ込ん
で来て大騒ぎになったが、今回の寒雀観賞は私と妻
だけの小さな楽しみである。

アイルランドの伝統音楽といえば「アイリッシュ」
と呼ばれて世界的な広がりをみせているが、そのア
イリッシュ・フィドラ-の「マーティン・へイズ」
が、ギタリストのデニス・カヒルを伴って来日ツア
ー中である。このマーティン・ヘイズは、アイリッ
シュを独自の解釈をしたスタイルで、少しづつなが
ら確実にファンを増やしている人だ。朝日新聞本日
付けの夕刊「ステージ」欄では、武蔵野市民文化会
館小ホールで10日に行なわれたコンサートのレポ
ートが掲載されていた。この人の独自の解釈とはと
いうよりも、例えばデ・ダナンの素晴らしいフラン
キー・ゲイヴィンのような力強さはなくて、あくま
でも柔らかく、神経質にメロディとリズムの微妙さ
を訴えるようなプレイをひたすら長く弾く。最初は
ホントに静かにはじまって、少しづつ空間を揺すっ
て行くという非常にセンシティブなステージングだ
が、これには専属のギタリスト、デニス・カヒルの
存在も大きい。武蔵野市民文化会館小ホールには「
400人」ものお客さんが集ったという。これには
驚いた。考えようによっては異端とも思えるマーテ
ィン・ヘイズが、「そんなに人気があるのか!」恐
るべしアイリッシュ人口と思った。もしも、我らが
スーパーマン、「サム・ブッシュ」がここでプレイ
したとしても400人は集らないだろうと思った。
ともかくも、アイリッシュ・フィドルを静かに聞き
たいと考えている人がいたら、10年前、アメリカ
・シアトルで行なわれたこのライブ盤がお薦め。ち
ょうど二人で活動をはじめたころでもある。さて、
アイリッシュは「ストレンジャー」の私に、「この
人はいい」とマーティン・ヘイズを薦めてくれたの
が、ただいま懺悔の彼方にいる城田じゅんじだった。         

Live in Seattle
Live in Seattle









コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ