FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

東京マラソンもいいが青梅マラソンはどこ?リルコミだあ

あたたかい一日でした。近所のお屋敷の紅白の梅が
二部咲きとなって、道行く人の顔を振向かせていた。
また一歩春が近づいている小平からこんばんは。

きのうの東京都心はマラソンで盛上がっていたよう
だったが、都下小平などはまったくの平穏。我家の
庭にきのうもめじろが「つがい」で垣根に飛来して、
チチチチと鳴いていた。めじろの鳴き声は好事家に
珍重され、いい喉のめじろだと300万円で取引さ
れるそうだ。しかし、動きは早く、どうやって捕ま
えるの?と、しばし、込み上げる邪(よこしま)な
気持を押さえて見とれていた。それにしてもだ。こ
の時期だと「青梅マラソン」というのが都民の常識
だったはずだが、その伝統をつぶして「東京マラソ
ン」とはいかがなものか。石原都知事は、スタート
の号砲を撃ったりしてハデにテレビに映っていたけ
ど、オリンピックの準備のためだか何だか知らない
が、急に東京マラソンに変えちゃって、私のように
青梅市に近いところに住んでいる者にとっては、都
心の狂騒を白々しくテレビ画面を眺めるのが精一杯
だった。ちっとも楽しくなかったのだ。

男子テニスの世界ツアーで、島根県の松江市出身の
若干18才の日本男児が見事優勝した。その名は、
錦織圭(ニシコリ・ケイ)で、きのう17日に米フ
ロリダで行なわれた「デルレ-ビーチ国際選手権」
の決勝で、2ー1の逆転勝ちした。男子テニスでは、
92年に「韓国オープン」を制した松岡修三以来だ
といって、大騒ぎになった。何でも錦織選手の世界
ランキングは244位。まったく無印無名の選手が、
世界ランキング12位に勝っちゃったというから驚
きなのだ。ただ、13才でアメリカにテニス留学。
次第に力をつけて来たといわれて、多少は納得した
が、何たってメジャーの大会で勝つという勝負度胸
と「運の良さ」に将来性を感じる。これで日本テニ
ス界も世間の注目が集るだろうから、うまく売り出
してほしい。

さて、島根県松江市というと、私はブルーグラス・
ギターの名手、守屋憲二さんを思い出す。彼は国学
院大学生のころは東京に住んでいた。小柄ながら、
トニ-・ライス風のギターを豪快に弾いて、かなり
の人気ぶりだった。他の音楽にもどん欲で、デビッ
ド・バーンの「トーキング・ヘッズ」や、ジャズの
マッコイ・ターナーの新譜を夜な夜な聞かされたも
のだった。大学をきっちり卒業して、松江市に戻り
就職。すぐに東京出身の美人と結婚。美人奥様はバ
ンジョー弾きだった。あれから20年ちょっと経っ
た。現在はマンドリン、バンジョーもよく弾くお父
ちゃんだよと本人。いつかもういちど東京で彼のギ
ターを見て聞いてみたいなあ。ワンダフル・テニス
・ボーイのおかげで友だちを思い出したのでした。








コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ