FC2ブログ

2020-07

Latest Entries

ウイークデー「バンド練習」!リルコミだあ

風もないおだやかに晴れた小平からこんばんは。

きのうはバンド練習のため久しぶりに原宿駅で下りて表参道まで歩く。
日本のシャンゼリゼもまだクリスマスのイルミネーションは飾られて
いなかった。相変わらずの人混みは凄まじくて、ほとんどは若者だが
いったいどんな用事があってこんなにもたくさんやって来るのだろうか。
この中で親のすねをかじっている人は手をあげろといったら、かなり
おもしろい数字が出てくるんじゃないかと思いながら、かき分けて進む。
そういえば、この奥で火薬爆発事故があったぞと思い出してきょろきょ
ろしてみたが爆発のかけらもなかった。雑踏がすべてを飲み込んだの
だ。やがて「表参道ヒルズ」に着く。かつてのぼろアパートはきれいに
消えて白い圧倒的なファッションビルが建っていた。昔を知っている者
にはまさに別世界。若い女子たちが走ってヒルズに消えた。走らなく
たっていいだろうにと言いたくなったが田舎者くさくなるのでやーめた。

表参道交差点そばの練習場に着く。「表参道ヒルズが出来たとき」は
人混みが新年の明治神宮のようにうねっているのが見えたと住人が
言った。いまは空いて来たから通るのも楽だというのを聞くと、小平住
人としては人混みがそのものがなく、「えっ」ともろに驚く。少し遅れて
フィドラーが同じ道を歩いて到着。フィドラーは今年の春以来のバンド
合流だったがレパートリーをどんどん進める。昼間の仕事の残像が
なかなか脳みそから消えていないのか、何でもないミスを繰り返しな
がらも3時間弱で練習は終了。「22日当日は何時に入るのか」という
話しで初のウイークデー練習は締めくくられたが、実は出演する茅ヶ崎
「ボチボチ」の開店時間をチェックしていなかった。あとでメールを回す
ことで切り抜けて焼鳥屋へ直行。クリスマス前の青山界隈は静かに
夜は更けていくのだった。私は地下鉄銀座線で渋谷経由で帰宅。

ブルーグラスと芝居役者の二つの顔を持つ男「海宝弘之」さんから
久しぶりに舞台のご案内メールが届きました。今回は本人の出演は
ないけどとってもいい舞台だといっています。プロがいう「いい舞台」
とはいったいどんなものだろうかと思いました。以下はカイホーさんの
メールです。

仁さん、お久しぶりです。お元気イ?寒くなってきましたねぇ。

さて、NLT公演のお知らせです。カイホーは出演していませんが、めっ
たに観られない芝居なのでオススメです。

13世紀の吟遊詩人によって演じられていた歌物語を弁士とパントマイムと
生演奏でお届けします。
演奏はつのだたかしさん。(つのだひろのお兄さん)当時の楽器、リュー
トやらリコーダーやらフィドルの原形やらを使います。

劇場のキャパが狭いので、土曜、日曜日の昼公演はキャンセル待ちとなっ
てしまいましたが、時間があったら是非よろしくです。

カイホー。。。












コメント

つのださん

仁さんこんにちは、こちらでは初めましてのコシダユウコです。
『つのだたかし』さんのお名前に思わず出てきてしまいました。

私は大阪出身で27歳まで大阪にいたのですが、つのださん率いる
『タブラトゥーラ』のライブに当時何度か行ったことがあります。
リュート、ウードやフィーデル(フィドルの原型)、パーカッションや笛などの古楽器を駆使しての
不思議な音楽が大好きでした。
当時確か枚方市の公民館などで演奏が聴けることもありました。
公民館ですから、決して雰囲気のある会場ではなかったです。
でも音が鳴り始めると幻想的な世界が広がって、聴き手はうっとりと酔うことができたのでした。
劇場で物語とあの音が絡むとはとても素敵そうです。

古楽だ!

はじめまして、北関東の片隅に住む、兼業ブルーグラッサーです。
私も、つのだたかしさんの演奏が大好きです。特に波多野睦美さんと組んだリュートソングは世界に誇れる素晴らしさ。毎年のように、古楽の音楽祭で彼らの演奏を聴いております。今年は、つのださん、18世紀のギターを弾かれました。ものすごく良く鳴るギターでした。C.F.マーチンの初期のギターも所有されていらっしゃるようです。

PCのメールサーバーの調子が悪くコメントに反応が遅れました。
コシダユウコさま、いつもあなたの素敵なボーカルを楽しませてもらっています。
つのだひろのおにいさんが海宝くんの芝居に出て肝心の海宝くんが出ないと
いってました。しかし、何だかポスターの雰囲気といいバックミュージックといい
普通じゃない様子ですね。私はつのだひろのソウルボーカルを先に知って、
それ以来たかしさんをひろのお兄さんというようになっています。

ダダさま、お住まいが北関東とおっしゃいますとウン、あの辺ねと勝手に山々を
思い浮かべて「いいなあ」と悦に入っていることもあります。つのだたかしさんの
音楽を私は聞いたことがないのですが、古楽器の響きを想像して何となく分かり
そうな気がします。18世紀制作のギターを弾いたとありましたが、音が出ただけ
で感動ものじゃなかろうかと思います。今回の海宝くん所属の劇団NLTの舞台
「オーカッサンとニコレット」はつのだたかしさんの音楽によってグッとイメージが
強く浮かび上がるようです。お時間がありましたら是非、観劇をすすめます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

APPENDIX

jin3

jin3

ササキジンの
Little Community
Talkingへ
ようこそ

--------------------
ご意見やご感想などは
こちらへ
--------------------

当ブログの管理を任されていた近江です。
2002年7月11日から2019年11月27日までの17年4ヶ月の長きに亘って続いたこのブログは本日をもって終了いたしました。
有難うございました。


MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

DVDの案内

CDの案内

    170101kameno.jpg

    Rocking' Chair
    収録曲
    1.Country blues
    2.Wall ofTime
    3.Banks of The Ohio
    4. Any Old Time
    5. Crazy
    6. I’m Coming Back But I Don’tKnow When
    7. I’ll See You in My Dreams
    8. Put Me On The Trail to Carolina
    9. No9 Train
    10. Warp your Troubles In Dreams
    11. Lullaby In Ragtime
    12. Rockin’ Chair
    12. When I’m Gone

    お買い求めは
    ●亀野達夫へ(¥2500国内は送料無料)メールで

    または
    BOMサービス
    ----------


    141015_0001.jpg

    Take Me In Your Lifeboat
    /The Blueside of Lonesome


    1.How Mountain Girls Can Love
    2.Blue Ridge Cabin Home
    3.Kentucky Waltz
    4.Let Him Go On Mama
    5.It's Mighty Dark To Travel
    6.Take Me In Your Lifeboat
    7.My Oklahoma
    メンバー:
    Yoshie Sakamoto / Vocal
    Masuo Sasabe / Guitar, Vocal
    Yasuhisa Kato / Mandolin, Vocal
    Ryukichi Hayakawa / Banjo, Vocal
    Hiromu Teshima / Fiddle, Vocal
    Akihide Teshima / Bass

    制作:The Blueside ob Lonesome
    技術:Ryukichi Hayakawa, Hiromu Teshima
    デザイン&絵:Ashura Benimaru Itoh

    リルコミの紹介
    ----------
    130320IMG.jpg
    SOMEDAY/Yoshie Sakamoto
    1. My Shoes Keep Walking Back To You
    2. Someday
    3. Till A Tear Becomes A Rose
    4. Here Comes My Baby Back Again
    5. If My Heart Had Windows
    6. Blue Kentucky Girl
    7. I'll Take Care Of You
    8. You Take Me For Granted
    9. Under Your Spell Again
    10. In The Garden
    11. You Ain't Woman Enough
    12. We Must Have Been Out Of Our Mind(Duet with Takaaki Sakamoto)
    13. We'll Meet Again

    CDの購入はメールでこちらへMAIL
    1枚2,500円+送料

    坂本愛江の HP


    ----------
    IT'S A CRYING TIME


    Banjo-Eiichi Shimizu
    Guitar-SatoshiYamaguchi
    Mandolin-Kazuyoshi Ohnishi
    Bass-Akira Katsumi
    Fiddle-Morishige & Takada
    売価 ¥1980
    お問い合せ
    ビーオーエムサービス
    ●解説のリルコミ
    「IT'S A CRYING TIME」CDで復活!リルコミだあ

    ----------
    A New Peace Within / LEONA 111022.jpg

    1. A New Peace Within
    2. International Date Line
    3. Little Cabin Home on the Hill
    4. Endless Summer
    5. Close By
    6. Roly Poly
    7. Cherokee Shuffle
    8. Life's Inspiration
    9. Gypsy Spin
    10. Shade's of Blue
    11. Nobody's Love is Like Mine
    12. Soldier's Joy
    ●解説のリルコミ
    本日は臨時号です!リルコミだあ
    オフィシャルHP
    ----------
    「Hello, Old Friend」 cd_tq1.gif

    Tequila Circuit/Hello, Old Friend
    定価¥2,500
    ●CDのHP
    ●解説のリルコミ
    /テキーラ・サーキットのnew CDだよのリルコミで~す

書籍の案内

お知らせ

    当ブログはOperaではレイアウトが崩れることがあります。 Opera以外のブラウザでご覧下さい。
    メールアドレスは不定期に替えています。 メールでのお便り、ご意見、ご要望、などの際はメルアドの確認をお願いします。

    ササキジンへのご意見ご要望はこちらへ
    ブログのテクニカルな質問などはオーミへどうぞ